軌道に乗ったカフェにハプニング発生!土管って!?

2日目、工務店の人が、道路の排水溝の蓋をあけ、それは熱心に

いろいろ調査してくれました。

そして、です。

「カフェの家屋の外から、道路下の公共下水道管へつながる、

土管にヒビがはいっていて、そこに土が入り込み、それが、

つまりの原因になっています」という報告を受けました。

 

 

え、えっ、と最初は、意味が飲み込めない私。

土管、どかん、土ってか、陶器ってか?! どーゆうこと?

配管が土でできていたってこと、はあ?みたいな。

普通は、グレーの塩ビでできていますよね、それが土管?!

ほんと、びっくり、アンティークすぎる・・・。

 

 

つまりですね、家屋から、公共の排水溝につながる配管が、

50年以上まえのままの土管でできたままだったんです。

そして、雨樋が壊れかけていたのも、問題でした。

イリヤプラスカフェは、細長い家屋で、その2階の屋根の下に

ずーと通っている雨樋が長ーくて、ちょうどその真ん中くらいが、

はずれかけていたのです。

雨が降ると、そこから雨水が集中的に落ちて、土の下の土管を

直撃していたのです。

古い一軒家は、おもむきはあるのですが、メンテナンスは

とっても大事なんだな、としみじみ。

とりあえず、その日は、ヒビが入っている部分だけを

塩ビの配水管にかえてもらうという応急処置を行いました。

 

今村さん 家屋

イリヤプラスカフェは、写真のように、細長い建物で、屋根の下に雨樋が通っています。ちょっとだけ空き地に植えたツタが年々生長し、夏になると生い茂ってきます。細長いステンレスの煙突は、店内にある薪ストーブ用です。

 

 

イリヤプラスカフェの賃貸している物件なので、

家屋自体の問題は、大家さんの責任。配管と雨樋は、

大家さんが修理しなきゃいけないことになります。

大家さんにことのいきさつを説明したところ、

配管と雨樋の工事は、すぐに承諾してくれました。

大家さんも、イリヤプラスカフェの家屋を大切に長持ちさせたい、

という気持ちは同じなので、ほんと助かってます。

配管と雨樋の工事は、カフェの定休日に行ってもらうことができます。

 

今村さん 外

2階の屋根の下についている雨樋の修理は、足場を組んでのけっこう大掛かりなものに。

 

 

でも、それだけでいいのか? と私は、思ったのです。

というのは、ほんの少し忙しくなったことで、カフェの

厨房の問題点が浮き彫りになってきていたのです。

特に洗い場は大問題! このままでは、シンクが狭すぎる!

飲食店には、洗い場がとっても大事ってことに、ようやく

気づいたのでした。

 

 

しかし、あと少しでゴールデンウィーク。

ゴールデンウィークといえば、カフェのかきいれどき!。

う〜ん、どうしよう、とまた頭の中はぐるぐる。

 

 

続きは、また次回、書きますね。すみません!

実は、この急激な気温の上昇。そんな中、

イリヤプラスカフェでは、今後、手作りケーキも

お出ししようと思っているので、そのケーキのショーケースと

ケーキを保管するための冷蔵庫、ショーケース周辺の

新しいエアコンの設置が必要に。その打ち合わせにでかけます。

 

今村さん エアコン 壁

7月20 日のカフェがお休みの日にエアコンの取り付け工事。
50年以上前に建てられた木造建築ですが、「壁の中に補強のための金属が入っていました」とのこと。それをよけて室外機につながる穴をあけるのにひと苦労。やっとあいたところ。

 

今村さん エアコン

ここにエアコンをとりつけて、この下にケーキ用の冷蔵ショウケースを置く予定です。

 

カフェって、こんな風に、変化が激しく、用意しなきゃいけない

設備にも終わりがないんです。

 

では、次回もよろしくお願いします!

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top