ご存知ですか?「慢性疾患や難病を防ぐ酵素健康法」

プロフィール写真

OurAgeサポーター

MyAge/OurAgeで記事を書いているライターやスタッフで構成。飽くなき追求心で「美&元気をあきらめない!」ための方策をレポート。

先日、東京ビッグサイトで開催された「健康博覧会」を取材してきました。
健康博覧会の看板

↑様々な健康法を紹介するセミナーや、サプリメント・健康食品やグッズなどが全国から集結する「健康博覧会」

 

セミナーにも参加しましたが、印象的だったのが、酵素健康法

これは、酵素栄養学の第一人者で、多くの慢性病や難病患者を診てきた

鶴見隆史先生(鶴見クリニック院長)が長年、提唱してきたことです。

 

酵素とは、あらゆる生命活動を支えるたんぱく質の一種で、生の野菜や、果物に多く含まれます。

こうした酵素を体に摂り入れる食生活を患者さんに指導し、時には無理のないファスティング(断食)も実践。

 

「食事のすべてを生食にする必要はありません。それは無理ですから、たとえば60%を生食で、40%を加熱した食事にするとか、自分で決めればいいと思います。酵素を摂りいれれば入れるほど、いいのです。酵素が寿命を支配しているといってもいいでしょう」と鶴見先生。

 

酵素を摂り入れられるメニューは、野菜サラダや、野菜やフルーツのジュース、生魚のお刺身やカルパッチョ。ピクルスやキムチ、ぬか漬け、納豆など。一方、あまり食べ過ぎないほうがいいものは、トランス型油脂が含まれるケーキやパン、クッキーやチップスなどの甘いものやスナック菓子。そしてステーキや焼き肉、チーズなど乳製品。はじめは馴染めずに戸惑う方もいるそうですが、それでも多くの患者さんは酵素食を実行していき、アトピー性皮膚炎や、乾癬・偏頭痛、他の病院で見放された難病が快方に向かっていくそうです。

 

鶴見クリニックでは、1日に5人までしか診察せず、ひとり1時間半、診察して、食生活指導をします。全国から診察を希望する方で2~3ヶ月先まで予約がとれないほど。

 

本の表紙

 

近著『食事を変えれば病気は治る』(三和書籍)でも多くのメニュー提案が紹介され、興味ある方はご覧ください。

 

 

鶴見隆史先生

酵素健康法を提唱し難病や慢性病患者を救ってきた、鶴見隆史先生

鶴見クリニックホームページはこちらです。

(かよちゃん)

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top