高濃度炭酸で自律神経をトレーニングできる?

プロフィール写真

若い頃パリかぶれだったことから

このあだ名を拝命。

冷え性で365日、靴下着用。

お風呂に10分入るために

ついに防水TVを買いました。

肌寒い季節になってきましたね。

今日は女性の不定愁訴とポカポカ温まる炭酸のお勉強です。

 

 

これからの季節、「温活」をスタートする人も多いのでは。

それもそのはず。女性で冷えを感じる人は男性の5倍なのだそう!

さらに、肩こりや腰痛、めまい、頭痛、イライラ、不眠などの「不定愁訴」も女性に起こりやすい症状。

かなりの冷え性の私も、あれこれ、実感しております。

 

それはなぜなのでしょうか。

花王のセミナーにて、渡邉賀子先生に教えていただきました。

渡邊先生は北里研究所で、日本で初めて「冷え外来」を開設し、冷え性の診断と治療を行う冷えのプロフェッショナル。

IMG_3802

不定愁訴、それは、ホルモンとの関係にありました。

 

女性にはエストロゲンが分泌する「卵胞期」とプロゲステロンが分泌する「黄体期」が月経の間に交互にやってきます。卵胞期は心身が安定し、体調もいい状態。黄体期は不安やイライラ、頭痛や腹痛などが起こりやすくなります。

女性ホルモン

「ずっとエストロゲンばかり出てくれればいいのに……」と思ってしまいますが、出るどころか閉経以降は激減! 50代以降はまるで

「ノー女性ホルモン」状態

なのです!

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

しかし、さすがは先生。女性の健康力を高める方法はちゃんとあるとのこと。

それは

自律神経トレーニング

 

 

自律神経がトレーニングできる?? と一瞬耳を疑いましたが、それは意外と簡単なことでした。

では、その気になる「自律神経トレーニング」を発表します!

シェア ツイート LINEで送る
第40回
高濃度炭酸で自律神経をトレーニングできる?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top