今後の生活、人生さえも左右する「筋活」② 「筋活」でOurAge世代の不調を解消!

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

「筋活」の必要性を身にしみて感じているミーナです。歩くのは嫌いじゃないし、旅行好きなので、旅に出たらガシガシ歩いてはいたのですが・・・ OurAge世代には、「筋活」はウォーキングだけじゃ不十分なんだそう!? いわゆる筋トレも、メニューに加えなくちゃ、です。

 

今も将来も、美しく健康でいるために

 私たちには「筋活」が必要です!

 

「要介護」や「寝たきり」なんて、まだまだ先のこと…。そう思っていませんか? 確かに、寝込むのは先のことかもしれません。でも、それを防止するためには40代、

50代での「筋活」が必須! 筋肉を鍛えることを習慣化することが、何より大切です。

 

 

 

OurAge世代から始める「筋活」が今後の人生を左右する!

 

「運動が苦手だから…」ではすまされない!

年齢を重ねるごとに、筋肉の量や鍛え方が、今後の生活、人生さえも左右します。

その理由とは?

 

そこで、中高年の筋トレや健康について研究している久野譜也先生にお話をうかがいました。

 

今回は、ウォーキングと筋トレの違いや要注意の「サルコペニア肥満」など、OurAge世代の不調を解消する「筋活」に関するさまざまなことについてのお話です。

 

 

久野譜也さん Shinya Kuno

MyAge_007_P030-01_Web用

profile

1962年生まれ。

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。

スポーツ医学の分野で、サルコペニア肥満、

中高年の筋トレ、健康政策などを研究。

2002年「つくばウエルネスリサーチ」を設立。

〝科学的根拠に基づく健康づくり〞を

基本理念に健康情報の発信を行う

 

 

 

 

 

なぜ女性のほうが"要介護"や
"寝たきり"になりやすいの?

 

健康寿命とは、健康で支障なく日常の生活を送ることができる期間を指します。平均寿命から健康寿命を引いたその差は、自立した生活ができない期間、つまり、要介護であったり、病気で寝たきりの状態である期間ということに。その自立した生活ができない期間は、男性で平均7~9年、女性が12~16年という調査結果があります(厚生労働省調べ)。

 

 

女性のほうが長い理由は3つ。

 

ひとつめは、女性のほうが寿命が長いから。2015年の調査によると、日本人の平均寿命は男性80.50歳、女性86.83歳(厚生労働省調べ)。この寿命差が数字に反映されるわけです。

 

ふたつめは、もともと女性のほうが筋肉量が少ないこと。筋肉は男女とも同じペースで落ちていくため、より早く、要介護・寝たきりラインに到達してしまう計算に。

 

3つめは、女性は閉経後、急激に骨密度が低下するため。少しの衝撃で骨折し、それをきっかけに寝たきりになることも。

 

これらの理由から、女性のほうが将来的なリスクが高いと考えられています。

 

 

筋肉は男女とも20代から、年1%、10年で約10%の割合で落ちていくといわれます。そして女性のほうが、もともとの筋肉量が少ないため、上図のような「サルコペニア肥満」になりやすく、その結果、要介護・寝たきりになる時期も早くなる傾向があります

筋肉は男女とも20代から、年1%、10年で約10%の割合で落ちていくといわれます。そして女性のほうが、もともとの筋肉量が少ないため、上図のような「サルコペニア肥満」になりやすく、その結果、要介護・寝たきりになる時期も早くなる傾向があります

 

 

「遅筋」と「速筋」、2種類ある私たちの筋肉。どんどん減っていく筋肉は、実は「速筋」なんだそう。 将来ににわたって元気でいるための、「筋活」の情報は次ページへ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top