正しく「筋活」するための適切な「筋トレ法」Q&A②

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集
「チーム健活」 メンバー
南の島のビーチで読書、が至福のとき。
よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。
ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。
身近なウォーキングからスタート?

「筋トレ」実践Q&Aの2回目です。筋肉の維持には睡眠が重要って、ミーナは初めて知りました。当然といえばそうですが、睡眠不足気味のミーナには耳が痛いです。

 

 

今も将来も、美しく健康でいるために

私たちには「筋活」が必要です!

 

「要介護」や「寝たきり」なんて、まだまだ先のこと…。そう思っていませんか? 確かに、寝込むのは先のことかもしれません。でも、それを防止するためには40代、

50代での「筋活」が必須! 筋肉を鍛えることを習慣化することが、何より大切です。

 

 

正しく「筋活」するための適切な「筋トレ法」とは?

 

ただやみくもに筋トレをしても効果半減。 筋肉の基礎知識、正しいトレーニング方法を知って、必要な筋肉を効率よくつけましょう。

 

ここでは、アスリートなどの運動指導を行っている坂詰真二さんに、正しい「筋活」のための「筋トレ法」についてQ&A方式で教えていただきます。

 

今回は、「筋トレ」の効果が上がる時間帯、ついた「筋肉」を維持する方法などの4つのQ&Aです。

 

 

 

 

 

坂詰真二さん Shinji Sakazume

MyAge_007_P034-03_Web用

profile

1966年生まれ。

NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト。

同協会公認パーソナルトレーナー。

「スポーツ&サイエンス」を主宰し、

アスリート指導、指導者育成、メディアでの運動指導を行う。

『やってはいけない筋トレ』

(青春新書インテリジェンス)など著書多数

 

 

 

Q 「筋トレ」の効果が上がる時間帯って?

 

A 朝よりも夕方がベスト!

 

「筋トレに最も適した時間帯は午後4~6時。人は昼活動して夜休息するように、脳に体内時計がセットされています。それによると、夕方が体温と筋肉の温度が最も高くなり、活発な活動に適した体内環境になっているからです。しかしながら、筋トレは継続することが何より大事。その人のライフスタイルに合わせて、都合のいい時間帯で習慣化するのが一番!」。

 

もしも休日などで時間が選べるのなら、〝夕方〞と覚えておきましょう。

 

MyAge_007_P037-01_Web用

 

 

 

Q 筋肉痛が起こらないのは効いていないということ?

 

A 筋肉痛が起こらなくてもOK!

 

筋肉痛がないから効いていない? と思うのは、実は間違い!

 

「筋肉痛の有無はトレーニング成果の目安にはなりません。慣れないスポーツなどで、今までに行ったことのない、脳が記憶していない動きをすると、筋肉痛になることがあります。しかし反復して行うと、やがて痛みを感じなくなります。これは脳が筋肉の動きを記憶したから。特に筋トレは、A点からB点へ移動する動作の繰り返しなので、筋肉痛になりにくいのです。正しく行えば、痛みを感じることなく、きちんと筋肉をつけることができます」

 

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top