OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/61301/

地元マダムに聞く、ナチュラル志向のメルボルン ・スキンケア

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

OurAgeインタビュー/人生がちょっと変わるような「気づきの旅」を届けたいはこちら

記事一覧を見る

ナチュラル志向のメルボルン

スキンケアあれこれ

 

こんにちは小野アムスデン道子です。「メルボルンカップ」というオーストラリアの伝統的競馬レースを見に行ったメルボルンで市内を案内してくれたのは、とても素敵なワーキングウーマンで一児の母のアリソン・サヴィーユさん。気をつけているのは、何といってもUVケアで、日焼けしないことが美容の最重要ポイント。そして、肌に負担のないオーガニックのナチュラルスキンケアを心がけているとのことで、メルボルンで有名なクイーン・ビクトリア・マーケットでお気に入りのブランドを教えてもらいました。

小野メルボルンマーケット

 

 

まずは「ペタル」という、メイド・イン・メルボルンのスキンケアプロダクトの店。すべてノンケミカル、ノーアニマルテストで、ほとんどはオーガニックのものでできているそう。エッセンシャルオイル、センシティブ・スキンにも優しいソープやクリームのほか、デトックス・ティーも置いてありました。やはり外側だけでなく内側からのケアも大切。おみやげにおススメは、種類が豊富なソープで、小さい方は2.5豪ドル、大きい方は4豪ドルとお手頃です。

小野メルボルンペタル 

ペタル Petal  http://www.qvm.com.au/shops-and-stalls/petal/

 

 

もう一軒の「パーラー」は、植物をベースにしたナチュラルスキンケア製品が充実。お値段は30豪ドルと贅沢ですが、大豆ワックスのキャンドルがおすすめだそう。石油を原料とするキャンドルと違って、すすが出にくく、融点が低くゆっくりと全体が溶けていくので、燃焼時間も長いとのこと。キャンドルを灯してゆったりすれば、気持ちも優雅になりそう。

小野メルボルンパーラー

パーラー Parlour   http://www.qvm.com.au/shops-and-stalls/parlour/

 

 

さて、マーケットで見つけた私のおススメは“ラノリン”という羊の皮脂腺からでる脂を精製したもの。このラノリンのクリームは保湿力抜群で、冬のケアには欠かせません。お値段も8豪ドル。さらに保湿力が高いというエミュー(オーストラリアの国鳥。ダチョウ目)のオイルもありました。こちらはちょっと脂が多そうで、結局私は肌馴染みのよいラノリンをチョイス。

小野メルボルンラノリン、エミュー

 

 

地元スパで、おすすめといわれたのが「エンドータ・スパ」。リラクゼーションマッサージなら30分で65豪ドルからあるので、気軽に試せます。私が受けたのもこの30分コースですが、ペパーミントティーを飲みながらコンサルテーションをして、すべてオーガニックの原料で作ったマッサージ・オイルが3種類から選べます。私は、朝からシャキっとするために、ペパーミント、ラベンダー、ユーカリのブレンドにしました。こちらのスパはオーストラリア内に80カ所あって、1〜2年ものトレーニングを受けたセラピストが担当してくれます。疲れが取れました。

小野メルボルンエンドータスパ

エンドータ・スパ   endota spa   https://endotaspa.com.au

 

最後に、とても生き生きしているアリソンさんに秘訣を聞くと、「シャンパン、おいしい食事、ショッピング」だそう。“シャンパン”は、女性同士のブランチでも時々開けて、贅沢に気晴らしをするとのこと。そして、羨ましいのがオフィスで朝10時から15分間設けられている「お茶の時間」。メルボルンではすべてのビルにあると言っても過言ではないカフェに、おいしいコーヒーを買いに行ってブレイクを取るとのこと。毎日の生活で自分へのご褒美は大切ですね。

 

 

取材協力

オーストラリア政府観光局 http://www.australia.jp

ビクトリア州政府観光局 http://visitmelbourne.com/jp

<前の記事

<前の記事
第17回/雪のカリフォルニアで見つけた あったか、いい香りの素敵な小物…

次の記事>

次の記事>
第19回/ドライな冬のカリフォルニアで人気、 自然派のうるツヤ・リップ&スキンケア…

この連載の最新記事

世界一幸福な国からも学ぶ、STAY HOME 自粛生活の楽しみ方

第118回/世界一幸福な国からも学ぶ、STAY HOME 自粛生活の楽しみ方

STAY HOME のセルフケアのヒント :メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

第117回/STAY HOME のセルフケアのヒント :メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

STAY HOME な今、思いをはせたいホテルの香りストーリー

第116回/STAY HOME な今、思いをはせたいホテルの香りストーリー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル