PR

50代編集者、「うちのインテリアは未完」と13年間ダンボールを放置!?

プロフィール写真

女性誌編集者歴約30年。都内マンションに夫と二人暮らし。仕事には厳しいけれど、プライベートは今ひとつ。「面倒(?)」な性格が災いして、リビングのリフォームの決断ができないまま13年が過ぎ去ろうとしている。

ちなみにマドレーヌという名前は、昔パリかぶれだったことから。

私マドレーヌ、編集者生活約30年。ファッション担当が長かったけれど、インテリア取材も大好物。他の仕事のついでに、隙あらば国内、海外の素敵なお宅を取材させていただきページを作った。自分で書いて編集した素敵インテリア本は、ありがたいことに10年たった今も重版を重ねている(売れ行きに悪影響が出るといけないので、あえて書名は秘す)。

本当に人の家の“センスのいいインテリア”を見るのが好きなのだ。

 

でも、我が家には人を呼ばない。なぜなら、

「うちのインテリア、完成していないから」…。

 

 

すでに12年前に、我が家は人から「世田谷のサグラダファミリア」と呼ばれ始めていた。

でもうちはサグラダファミリアなんかじゃない。サグラダファミリアは設計図に従って休みなく建築が進められているけれど、我が家は動きがないまま13年だ。

…よ、よけい悪い。

 

 

 

だいたい、ガスコンロの調子が悪くなってから買い換えるのに、3年かかった慎重派だ。

 

コンロの調子が悪くなった時、10年前後が寿命と知り、修理の人にも買い替えを勧められた。ショールームに行ってみると、希望のデザインとスペックの一致する型がない。ガスコンロは、そうしょっちゅう新型は出ないから、修理を重ねつつ、半年~1年に1度は新宿パークタワーの東京ガスのショールームに通い、気に入るものが出るのを待った。

 

いや、ショールームは実際楽しいから全然苦じゃない。たくさんの機種を見比べるときのワクワク感といったら。自分に必要なスペックと、どうでもいいものも把握できてきた。毎回、同じビルのザ・コンランショップノルディックフォルムなどインテリアショップに寄るのも楽しみだった。

リフォームガスコンロ

そして待ったかいあって、3年後に掃除がしやすくてデザインすっきりの、最高のガスコンロを手に入れて、今は幸せだ。

 

 

そういえば、アイロンだって、気に入るデザインとスペックが一致するまで1年半、蒸気が水滴となってブシュブシュ出まくる故障アイロンで耐え忍んだ。

 

 

よく言えば「慎重」。一般的には、「趣味が狭い」「しつこい」「文句が多い」「決断できない」「こじらせている」。

もしかしたら、これが「面倒」な人というのかもしれない。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top