メルボルン発スキンケア  イソップの店内にシンクがある理由

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

メルボルン発スキンケア

イソップの店内にシンクがある理由

 

 

こんにちは小野アムスデン道子です。オーストラリアのメルボルンで1987年に創業した「イソップAēsop」は、19カ国で展開しているスキンケアブランド。植物由来を主としながら、化学者も参加して、信頼のおける非植物性成分を加えたこだわりのある製品づくりで知られています。

小野_イソップ_1

小野_イソップ_2

発祥の地であるメルボルンを訪れた折に、まずフェイシャルケアのトリートメントを受けることのできるサウス・ヤラの店舗を訪れました。私はあまり小じわのないタイプですが、気になるのがたるみと毛穴が目立ち始めたこと。

 

まずはメイクをほんとうに優しいタッチで拭き取って、パセリシードスキンケアのラインより抗酸化物質(製品に対する)とエッセンシャルオイルなどを豊富に含む「ファイシャル クレンザー 45」できれいに汚れを落とします。ディープクレンジングの時にも、私にはこのパセリシード ラインの「クレンジング マスク 31」がよいそう。そして、お肌の調子を整えるアルコールフリーのトナーは、チャ葉エキス(グリーンティー)を主成分とする「B & T バランシングトナー」。イランイランのよい香りがします。保湿には、やはりパセリシード ラインの「アンチ オキシダント ハイドレーター」をつけて、目の周りには同じラインのアイクリームでケアをしてもらいました。

 

とても清潔な部屋で、ステップごとに効用など解説を受けながらのトリートメント。顔を拭く時は本当に軽く、保湿の時はきっちりと手で確かめながら。セラピストの熟練の手技を感じました。

小野_イソップ_3

小野_イソップ_4

お肌の悩みや普段の生活習慣やスキンケアのやり方など、細かにコンサルテーションをして、おすすめのものを選んでくれるイソップ。肌質やトラブルに合わせるために、とても商品ラインナップが多いのが特徴でもあります。

 

次のページではダウンタウンにあるショップをご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る
第26回
メルボルン発スキンケア  イソップの店内にシンクがある理由

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top