手遅れにならないための認知症の見つけ方と予防法①「もの忘れの観察」でチェック!

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集
「チーム健活」 メンバー
南の島のビーチで読書、が至福のとき。
よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。
ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。
身近なウォーキングからスタート?

最近、もの忘れがはげしいミーナ。もしや認知症の始まり?!と内心焦っていましたが・・・下のチェック表を見ると、どうやら年齢なりのもの忘れらしいとわかって一安心。でも、認知症のこと、今からちゃと知っておきたいですよね。

 

 

もしも家族が認知症になったら。
そして、自分も。

 

認知症にならないために
50代から始めること

 

 

OurAge世代にとって、認知症による親の介護は身近な問題。夫や自分自身が認知症になるのでは!? という不安とも直面しています。2014年に発表された、団塊の世代が75歳を超える2025年には認知症人口が約700万人、65歳以上の5人に1人が認知症という推定値を聞けば、なおさら。何か対策を始めるのが賢明です。

 

認知症の根本的な治療法や予防法が確立されていない今、何よりも大切なのが早期発見、早期治療、そして予防。ここでは、手遅れにならないための認知症の見つけ方と予防法を、認知症の専門医の奥村 歩さんが伝授します。

 

今回はまず、「もの忘れの観察」でチェック!

 

 

 

 

 

奥村 歩さん Ayumi Okumura

MyAge_008_P156-02-4C_Web用

 

1961年生まれ。「医療法人三歩会 おくむらメモリークリニック」院長。

脳神経外科医の視点から「もの忘れ外来」を中心とした認知症診療を展開。

全国から毎日平均100人が受診。

多数の著書の出版や講演、メディア出演で認知症の予防、早期発見、治療を啓蒙中。

近著に『認知症にならない! 「もの忘れ外来」徹底ガイド』(日本文芸社)

 

 

 

 

 

MyAge_008_P155-01-4C_Web用

 

MyAge_008_P155-02-4C_Web用

 

 

「もしかして認知症!?」と思ったら
「もの忘れの観察」でチェック!

MyAge_008_P155-05-2C_Web用

 

年齢とともに激しくなるもの忘れにドキッとした経験は誰にでもあるはず。認知症の症状の中でも最も頻度が高く、しかも早期から認められるのがもの忘れですが、認知症の症状かもしれないもの忘れと、そうではないもの忘れがあります。

 

早期発見の第一歩、まずはもの忘れの内容をチェックしてみましょう。

 

 

MyAge_008_P155-04-4C_Web用

 

 

 

 

 

 

次回は、「様子の観察」で認知症のリスクをチェックする方法についてご紹介します。

 

 

 

イラスト/sino 取材・原文/蕨 康子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top