羽田美智子さんも納得。「着物暮らしに習う 美しい姿勢と所作」④冷えを防ぎ、体を整える


羽田美智子さんが気になる〝もの〞〝こと〞からその道の達人にコツを教わるこの連載。

今回のテーマは「着物」です。

 

八王子花柳界を牽引するめぐみさんに着物暮らしの美と健康のコツをうかがっていますが、

着物には、女性の悩みのひとつである「冷え」にも効果があるとか。

 

 

 

03.

着物は最高のレイヤード。
冷えと体を整えるのに最適

 

「着物の下には裾よけ、肌襦袢、長襦袢を着用します。着物が冷えにいいと言われるのは、この重ね着にあるよう。腹部には8枚の布が重なり合っていることになり、帯まで入れるとそれ以上になります」。また体の要である腰や骨盤の位置に腰ひもを締めることや、帯を二重に巻くことで歪みを整え内臓を守る役目もあると言われています。

 

 

だから暖か! 着物の下には

こんなに重ね着します

大人の手習い 着物 重ね着

裾よけに肌襦袢、長襦袢と素材の違いはあれど、一年を通じてこれだけの生地を重ね着することで、冷えの改善策として注目を集めます

 

 

長襦袢の腰ひもはバストの
やや下で軽く結びます

大人の手習い 長襦袢の腰ひも

肌襦袢の上に長襦袢を着て腰ひもを結びます。ひもの位置はバストよりやや下で苦しくない程度を目安に

 

 

帯の下に締める腰ひもは
腰骨の位置でしっかりと

大人の手習い 腰ひもは腰骨の位置

腰ひもを腰骨の位置でキュッと締めます。この上に帯を締めることで、骨盤の傾き具合を整え、腰を両側から支えることで股関節の開き予防にも

 

 

 

 

 

大人の手習い 羽田さん&めぐみさんツーショット

羽田美智子さん Michiko Hada

profile
1968年生まれ。女優として映画、ドラマ、CM、ラジオを中心に活躍。

テレビ朝日「警視庁捜査一課9係 season11」に出演が決まっている。TOKYO FM「ゆうちょ LETTER for LINKS」(毎週日曜15:00~15:30)が好評オンエア中。著書に『私のみつけた京都あるき』『私のしあわせ京都あるき』(ともに集英社)がある。
羽田美智子オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/hada-michiko/

 

 

めぐみさん Megumi

profile
1962年生まれ。花柳界とは無縁の環境で育ちながらも、約31年前に着物が着られる仕事だからとこの世界に飛び込む。

置屋「ゆき乃惠」と食事処「割烹 すゞ香」の女将を務めながらお座敷にも上がり、地域の人たちとの交流も欠かさない

 

 

 

 

撮影/板野賢治 ヘア&メイク/稲垣亮弐(maroonbrand) スタイリスト/田内玲子 着付け/江木良彦 イラスト/かくたりかこ 取材・原文/向井真樹

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第6回
羽田美智子さんも納得。「着物暮らしに習う 美しい姿勢と所作」④冷えを防ぎ、体を整える

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top