重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

正しい“タンパク質”ライフ PART3/基礎知識④重要な9種類の必須アミノ酸について


タンパク質って何ですか?

 

 

ところで、タンパク質のことをどこまでわかっていますか? 意外にきちんと把握していないものです。ここで、タンパク質に関する基礎知識を、もう一度おさらいしましょう!

 

今回は、「5.体内で合成できない、9種類の重要な必須アミノ酸」についてです。

 

 

 本多京子さん 

MyAge_009_044-本多京子さん

医学博士・管理栄養士。NPO日本食育協会理事。

日本体育大学児童スポーツ教育学部で「子供の食と栄養」を担当。

テレビや雑誌などで健康と栄養に関するアドバイスを行う。
著書は60冊以上

 

 

 

タンパク質の重要性を

理解できていない人が多い!

 

 

炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの5つが「5大栄養素」と呼ばれています。

 

「その中でタンパク質は、皮膚、筋肉、髪、爪、臓器、骨など、体すべての構成成分で、血液やホルモン、免疫物質などの原料としても使われています。私たちの生命維持に欠かせない、主役的な栄養素なのです」(本多さん)

 

日本は今や、世界中のおいしいものが、いつでも食べられる飽食の国。それなのに、日本人の栄養状態は決してよくありません。なんと、戦後の食糧難の時代よりも、総摂取カロリーは減っているそう。

 

「特に一人暮らしの20代女性と75歳以上の男性のタンパク質不足が心配です。この世代はちょうど、アワエイジ世代の子どもや親の世代に当たります。50歳前後の女性は比較的足りている人も多いのですが、子どもや親の健康管理のため、自分の将来のためにも、ここで正しい知識を身につけてほしいと思います」(本多さん)

 

 

 

P.49タンパク質基礎知識5

 

 

 

5.体内で合成できない9種類の必須アミノ酸が重要

 

人体のタンパク質を構成するアミノ酸は約20種類あり、そのうち体内で合成できず、食事から摂取する必要のあるものを「必須アミノ酸」と呼びます。

 

成人は8種類、子どもの場合は9種類。必須アミノ酸はどれかひとつでも不足していると、その不足しているレベルまでしか利用できず、ほかのアミノ酸がすべて無駄になってしまいます。そのため、その欠けているアミノ酸を他の食品から摂取することが大切。

 

例えば、白米はアミノ酸スコアが65で、リジンが不足しているので、リジンの多い肉や魚、大豆製品を組み合わせることが必要になります。

 

 

左の小麦粉の桶は、リジンが欠けて低くなっています。ここに水を入れたら、リジンのレベルまでしか水はたまりません。上記の白米の場合も同様。いちばん低いレベルに合わせた分しか体の中で活用できないのです

左の小麦粉の桶は、リジンが欠けて低くなっています。ここに水を入れたら、リジンのレベルまでしか水はたまりません。上記の白米の場合も同様。いちばん低いレベルに合わせた分しか体の中で活用できないのです

 

 

9種類のアミノ酸の働きについては、次ページへ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第12回
正しい“タンパク質”ライフ PART3/基礎知識④重要な9種類の必須アミノ酸について


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top