岩手県北、八幡平からの、 クセになりそうな秘湯巡り

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。“秘湯”という言葉に引かれて、岩手県の安比高原から八幡平の温泉を回りました。安比高原は、冬にスケールの大きいゲレンデでスキーを楽しんだものですが、夏に訪れるのは初めて。8月上旬は東北の祭りの時期でもあり、賑わっていました。家族で訪れたのですが、子供たちがジップスライダーやプールなどのアクティビティで遊び回っている間、大人はお肌磨きへというわけで、なかなか行かない秘湯を訪れようということになったわけです。

小野アムスデン道子岩手温泉

 

地元の方のおすすめに従い、まず向ったのは緑濃い樹海の中に、源泉掛け流しの宿が松川渓谷に沿ってある松川温泉。ここには、松楓荘、松川荘、峡雲荘と3つの温泉がありますが、吊り橋を渡って行く洞窟風呂があるとかいう松楓荘へ。発見されたのは平安時代、開湯1743年。なんとも鄙びた外観がいい味を出してます。入り口では源泉がぐらぐら沸いていて、効きそう。

小野アムスデン道子岩手温泉

小野アムスデン道子岩手温泉

 

入湯料は、大人500円、小学生以下は250円。なんと洞窟風呂は、昨年の雪で押しつぶされてしまい、修復の目処がまだたってないと言われたのですが、熱めぬるめの2本の源泉が楽しめる湯に入ることに。男女別の内風呂と露天風呂、川を臨む混浴露天風呂がありますが、まずは女湯の内風呂をのぞいてその風情にびっくり。

小野アムスデン道子岩手温泉

岩で組まれた湯船から硫黄の香りが立ち上り、たっぷりの乳白色の湯で底が見えません。階段の手すりを持ってそろそろと中に入っていくと、これがとろんとしてとっても心地よい!露天は結構熱め、内風呂はゆったり浸かれる湯温。とても肩の疲れに効く感じ。

 

 

松川温泉松楓荘 http://www.hachimantaishi.com/~shofuso/

 

シェア ツイート LINEで送る
第35回
岩手県北、八幡平からの、 クセになりそうな秘湯巡り

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top