SOS!大停電。冷凍食品を守るのはバスタオル?

プロフィール写真

仙台市在住の漫画家・コラムニスト。震災復興、放射能、女性と子どもの病気、国際協力をテーマに作品を発表。近作に『オンナの病気をお話ししましょ。』『わたしたちの震災物語』『マンガでわかるコドモの医学』『ふくしまノート』『カホゴ夫の日常』
河北新報社にてイラストコラム「週刊きみどり」連載中

こんにちは
漫画家の井上きみどりです。
いつ、どこで、何が起こるかわからない今の時代を生きる
OurAge世代の女性が役立つ(であろう)
災害と女性とカラダについて
書かせて頂いているこのブログ。

 

今回のテーマは・・・

 

SOSイラスト

 

3年前の東日本大震災の際、
仙台の井上の自宅地域では、その瞬間から
水道、ガス、電気などのライフラインが一斉にストップ。
水道は2週間、ガスは1ヶ月半止まりました。
電気は4日目に復旧しましたが
地域によっては2ヶ月近く停電が続いた所もありました。
そうなると
冷凍庫の食品がどんどん溶けて行きます。
食品の備蓄がまったく無く、困った方もいらっしゃったので
贅沢な話で心苦しいのですが、
東北の家庭では、冷凍庫に大切に保管していた
とっておきのお肉や海産物が溶けてしまい、
被災して日本中が東北を心配してくれている中
「毎日ステーキ」
「毎日あわび」という家庭が少なくありませんでした。

 

 

 

井上家の場合はそこまでゴージャスではありませんでしたが
かつおのたたきを
「こんな時にこんなものを食べてて申し訳ないね・・」
と言いつつ家族で有り難く頂きました・・・。

 

被災後の食事風景

 

↑「かつおのたたき」の写真は罪悪感があったので
撮りませんでしたが、被災後はこんな食卓でした。
(5日目くらいの写真です)

 

 

しかし、ゴージャスなとっておき食材が入っていようと
安売りの冷凍食品だけだろうと、
大規模停電の場合、いつ復旧するかわかりません。
冷凍庫に食品があるなら、
停電後は少しでも長く冷凍のまま持たせたいもの。

 

 

そこで井上がやってみて、「コレいける!」と思ったのは

 

タオル詰めイラスト

 

冷凍庫内の空間という空間にタオルを詰めて
一番上にバスタオルを被せ、
冷凍庫の蓋をきっちり閉めます。
冷凍食品を消費して、空間が出来たら
再びその空間にタオルを補充して埋めます。
こうすることで、冷凍庫内の冷気が外に出ず
停電中でも庫内の温度が低いまま保たれます。

 

 

冷凍した保冷剤があれば理想的ですが、
なくても冷凍した食品自体が
他の食品の保冷剤となってくれるので大丈夫。
庫内に入っている冷凍食品の量にもよりますが、
井上家の場合、これで1週間持ちました。
(冷凍庫は別電源だったため4日目に復旧せず)

 

 

停電はいつどこで起こるかわかりません。
万一停電した場合は
この方法を思い出してみてくださいね。

 

 

次回は
SOS!入院中。むだ毛の処理、どうする?」

お届けします。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(1)

    3・11の時、神奈川は計画停電が実行され 二、三時間の停電だったので、冷凍庫は開けない位で済みました。でも長期になればやはり対策が必要ですよね。バスタオルは耳より情報でした。いつ何が起こるか分からないので、知恵として私の脳にインプットしました。 ゴージャスご飯・・本当は皆さん大事に大事に食したかったに違いないと思いました・・

    ruirui - 2014年4月29日 08:07
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top