OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/8483/

看板メニューはパンケーキ

2007年12月の賃貸契約更新後から始まったカフェの準備。
それは、私にとって、まさに暗中模索!という言葉がぴったりです。
いったい何からはじめていいのやら・・・。
でも、「カフェの看板メニューは、パンケーキにしよう!」という
気持ちに迷いはなかったのでした。

 

 

「どうしてパンケーキにしたんですか?」
「原価率がいいんですか?」
「パンケーキブームが来ると予想していたんですか?」などなど、
カフェをオープンして数年経った今、こうした質問を受けることが
ありますが、原価率など、計算したことがありません。
そもそも、原価率とか、知らなかったですし。←なさけない。
ましてや、予想なんて、私にできるはず、ないです。

 

パンケーキにしたかった理由は、NYでのカフェでの思い出から。
私は、仕事を一時スローダウンして、2年間ほど、NYと東京を
行ったり来たりした経験があります。そのときも、その後の
NY旅行でも、よくカフェに通っていたのです。

カフェ外観

マンハッタンの確かNYU(ニューヨーク大学)の近くにあるグレイドックコーヒー。

パンケーキセット

グレイドックコーヒーのパンケーキは、薄くてふたつ折り。

店内の様子

店内はいつも大賑わい

テーブル

ここ、地図のテーブルがかわいいんです!

 

 

週末は、かならずと言っていいほど、カフェでブランチ。
ブランチメニューは、たいてい卵料理プラス、ソーセージorハム。
そして、パンorパンケーキを選ぶことができます。
このパンケーキを選べることが嬉しくて!
今回の写真は、NYで私が食べ歩いたパンケーキたちです。

カフェ看板

ダウンタウンの行きつけカフェ、VESELKA

パンケーキ

VESELKAのベイクドバナナパンケーキ

ポテトパンケーキ

奥の茶色いのはポテトパンケーキ。手前はハムと卵が乗った定番パンケーキ

 

NYのカフェは、スタッフも客も自由でおおらか。大好きな場所です。
分厚いNYタイムスを広げて読む人(今やPCやスマホですが)や
大げさな身振り手振りでおしゃべりを楽しむ人たち、
ホールをスマートにまわしていくスタッフたち!
そんな活気に満ちた空気感の中で、ふわふわの焼きたてパンケーキを
ナイフとフォークでいただく!
パンケーキは私にとって、元気のもとであり、

わくわくする風景と重なっていたのです。

 

 

バナナとイチゴのパンケーキ

アップタウンの人気カフェ、サラベスキッチンのバナナとイチゴのパンケーキ

ラズベリーパンケーキ

日本でも有名なクリントンストリートベーカリー&レストランの
ラズベリーパンケーキは、ふわふわで甘さ控えめ。

リンゴのパンケーキ

最後は、今、NYでいちばんクールなエリア、ブルックリンのベッドフォードストリートにあるカフェ、
ラビットホールのパンケーキ。リンゴのコンポートがたっぷり。

 

カフェといえば、そりゃあパンケーキでしょう!」とこの点に
だけは確信があった私です。
パンケーキ、大好きだし、食事にもデザートにもアレンジできるし、
私にもできそうだし!←考えが甘い。

 

とこのときは、パンケーキの奥深さをまったく知らずに、
無邪気に、心を決めていたのでした。

 

<前の記事

<前の記事
第1回/飲食店経験ゼロの私が、突然カフェを!?…

次の記事>

次の記事>
第3回/パンケーキ作りへの果てしない道のり…

この連載の最新記事

軌道に乗ったカフェにハプニング発生!土管って!?

第18回/軌道に乗ったカフェにハプニング発生!土管って!?

レモン農家さんを支援!! “恋するレモネード・プロジェクト”

第17回/レモン農家さんを支援!! “恋するレモネード・プロジェクト”

オープン1年。相変わらずヒマなカフェを閉じてNYへ逃避行!?

第16回/オープン1年。相変わらずヒマなカフェを閉じてNYへ逃避行!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル