「考え抜いた末に出した結論は乳腺全摘&同時再建!」/安河内美和子さん


今回は乳腺全摘&同時再建を行なった安河内美和子さんにお話を伺いました。

同性から見ても惚れ惚れするような引き締まったボディライン。趣味がダンスという安河内さんのそのしなやかでキビキビとした動きは、少し前に全摘&再建手術をしたとは思えないほどエネルギーに満ちあふれていました!

 

 

 

 

考え抜いた末に
出した結論は
復帰が早い
乳腺全摘&同時再建!

知っておきたい乳がん 安河内美和子さん

安河内美和子さん

Miwako Yasukouchi

1959年生まれ。
広告代理店勤務、プロデューサー

 

 

ダンスを続けたい気持ちを
大切にして選んだ治療法

 

「母も叔母も乳がんだったので、いつか私も…と、どこかで覚悟していた部分がありました。発見が遅れて転移してしまうことが怖いという認識があったので、がんと診断されたときは『直径1㎝以下で超早期発見した自分は偉い! 褒めてあげたい!』という気持ちのほうが先でした(笑)。偶然にお風呂で見つけただけでしたが…。

 

手術とかいろいろ大変だなあ…とは思いましたが、不思議なことに不安や恐れを感じることもなく、冷静な自分に驚いたほど。さっさと適切な治療を受けて元に戻ろうと、実にサバサバした気分でした。告知された帰り道、家族や仕事仲間、ダンスの先生などに『乳がんになったけど、迷惑かけないよう頑張ります!』と第一報を送りました。そんなストレートな報告、受たほうが困ったかもしれませんね。

 

その病院ですすめられた治療は、スタンダードな部分摘出+放射線治療でしたが、セカンドオピニオンや経験者談も聞いて納得できるまで考えました。そして出した結論は別のクリニックでの『乳腺全摘&同時再建』手術。これは、乳腺外科医によるがん摘出手術と、形成外科医による再建手術を一挙に行うもの。一度だけの手術で完了でき、しかも胸のふくらみを失わずにすむという点では、仕事にもダンスにもすぐ復帰したいという自分の希望とマッチしていました。

 

さて、手術です。全摘手術は大抵2週間入院ですが、このクリニックは手術当日午前中に行き、午後手術し、1泊して翌朝9時までに退院という、甘やかしがまったくない驚異の欧米式入院体制。体育会系の私には向いていたかもしれません(笑)。

 

家事などもすぐに始めたため、病人扱いされたのはほんの数日。翌週からは在宅でパソコン業務をスタート、数日後には軽めのヨガ、3週間経たずに、ダンスのレッスンも再開しました。

知っておきたい乳がん 犬

術後1カ月。以前の筋トレも復活させました。腹筋ローラーが活躍! 治療方針が決まってからの経過は、こんな写真とともにFacebookに記録しています。乳がんの方の参考になればという思いから

 

 

 

次のページでは手術後の抗がん剤治療などについてご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top