第1章②「ミラクル免疫力」をつけるために重要な食べ物/老けないための「ミラクル免疫力」

プロフィール写真

白澤 卓二

白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士

 

1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。

 

東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授。

 

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授、バイオフィリアリハビリテーション学会理事長、日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCSO、ライフ・レングス®社(本社マドリッド)科学顧問。

 

著書は『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『免疫力をアップする、塩麹のおかず』『100歳までボケない手指体操』『100歳までサビない生き方』『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』『ココナッツオイルでボケずに健康!』など200冊を超える。

ミラクル免疫力をつけると、老けない!

 

この連載では、書籍『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社刊)から、免疫力をアップしてアンチエイジングライフを叶える方法をお伝えしていきます。ミラクル免疫力をすぐに実践できるレシピも、続いてご紹介。ぜひお役立てください。

 

 

第1章

ずっと若く生きるためにミラクル免疫力!をつける

 

 

●肌がきれいな人は、腸内フローラも美しい!

~発酵食品で腸内環境を改善しよう~

 

「ミラクル免疫力」をつけるためには、まずは腸内環境をよくすることが大事です。その理由は、免疫細胞の約7割が腸内に存在しているので、免疫力は腸内環境の質に決定的に左右されるからです。腸内環境がよくなければ健康にも美しい女性にもなれない、といっても過言ではありません。

 

腸は脳の支配下にはなく、自発的に動くことができる、「第二の脳」と呼ばれる重要な臓器。腸内には約100兆個もの細菌がすんでいて、体に有益に働く善玉菌、悪影響を及ぼす悪玉菌、勢力の強いほうに味方する日和見菌が存在します。この腸内細菌叢のことを腸内フローラといいますが、腸内フローラは食事やストレスの影響で、大きく変化します。また、便秘は悪玉菌が優勢な劣悪な環境ですから、便秘を解消することも免疫力強化につながります。

 

腸内環境を改善するには、野菜や果物のほかにヨーグルト、納豆、キムチ、ぬか漬けなどの発酵食品を毎日数種類食べるようにするといいでしょう。また、料理する際、塩の代わりに塩麹、砂糖の代わりに麹ジャムを使うのもおすすめです。肌がきれいな人や健康長寿の人は、腸内フローラも大変きれいです。肌トラブルを抱えている人は、まずは腸内環境の改善から始めましょう。

 

納豆(ミラクル免疫力)

 

 

 

 

●フィトケミカルがあなたを老けない女性にする

~ミラクル免疫力をつける重要な食べ物~

 

昨今、免疫細胞は多種多様な「フィトケミカル」によって機能していることが明らかにされています。アメリカのファミリードクターの第一人者であるジョエル・ファーマン博士は、「免疫機能が低下するのは、たいていの場合フィトケミカルが不十分なせい」と明言しています。

 

フィトケミカルとは、野菜や果物に含まれる植物性化学物質(色素、苦味、香り成分)のことで、ビタミンやミネラル、食物繊維とはまた別の注目の栄養素。トマトのリコピン、紫のぶどうのレスベラトロール、ブロッコリーのスルフォラファンなど、人間の免疫力を支えているフィトケミカルが1000種類以上あるといわれています。

 

フィトケミカルを豊富に含む野菜や果物は、黒、青、緑、オレンジ、紫の色を持つ傾向があり、効能や分子構造がそれぞれ違うため、毎日さまざまな種類の新鮮な野菜や果物を摂ることをおすすめします。反対に、フィトケミカルを含まない食品を食べれば食べるほど、免疫力は低下し、老化が促進され病気になるリスクも高まります。「ミラクル免疫力」をつけて老けないようにするためには、多種多様なフィトケミカルをできるだけ丸ごと摂取するのが最も大切なことです。

 

 

 

 

●ミラクル免疫力をつけるなら、微量栄養素の豊富な食べ物を

~微量のビタミンやミネラルが免疫力を強化する~

 

ウィルスは、健康で栄養状態のいい人の体の中に侵入しても、たいていの場合、害を及ぼしません。もし、あなたがウィルスに感染しやすいとしたら、それまでの食生活が大きく影響しています。栄養状態が悪いとウィルスが変異し、免疫力もダウンして感染症も深刻になります。しかし、栄養状態がよければ、発病しないのです。

 

科学の進歩によって植物の微量栄養素の重要性が解明されているというのに、非常に残念なことに、多くの現代人の食事は、精製された白い炭水化物、油脂、スイーツ、そして動物性食品が大部分を占めています。このような食事が「太っているのに栄養失調」という悲劇をもたらしているのです。

 

真の意味で「栄養状態がいい」というのは、すべての微量栄養素が十分に足りている状態のことを指します。一方、「栄養状態が悪い」というのは、微量栄養素が欠落した状態のことです。ビタミン、ミネラルなど微量栄養素が豊富な食品とは、新鮮な野菜や果物、種子類、生ナッツ類など。これらを十分摂取している現代人は、少ないかもしれません。ずっと若くいきいきと毎日を送るための近道は、ミラクル免疫力をつけること。微量栄養素が十分摂れる食事をして、よい栄養状態の維持を目指しましょう。

 

いちごとホウレンソウのサラダ

 

 

 

『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社 1,100円+税)

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333127-5&mode=1

 

 

 

 

次回からは、白澤教授と女優の杉田かおるさんの対談「第2章  ミラクル免疫力! で老けない女性になる!」をご紹介します。

 

 

 

撮影/奥谷 仁 編集・構成/遠藤励子

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第3回
第1章②「ミラクル免疫力」をつけるために重要な食べ物/老けないための「ミラクル免疫力」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top