第2章 ミラクル免疫力対談:白澤卓二教授VS女優 杉田かおる/④体にいい栄養素の摂取が大事

プロフィール写真

白澤 卓二

白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士

 

1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。

 

東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授。

 

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授、バイオフィリアリハビリテーション学会理事長、日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCSO、ライフ・レングス®社(本社マドリッド)科学顧問。

 

著書は『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『免疫力をアップする、塩麹のおかず』『100歳までボケない手指体操』『100歳までサビない生き方』『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』『ココナッツオイルでボケずに健康!』など200冊を超える。

ミラクル免疫力をつけると、老けない!

 

この連載では、書籍『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社刊)から、免疫力をアップしてアンチエイジングライフを叶える方法をお伝えしていきます。ミラクル免疫力をすぐに実践できるレシピも、続いてご紹介。ぜひお役立てください。

 

 

第2章

ミラクル免疫力! で老けない女性になる!

 

 

 

【ミラクル免疫力対談】

ミラクル免疫力で、いつまでも老けない!

医学博士 白澤卓二先生 VS 女優 杉田かおるさん

 

テレビ番組がきっかけで、オーガニックなライフスタイルを実践するようになり、健康な体と心を取り戻した杉田かおるさん。長寿研究の第一人者、白澤卓二先生とともに、免疫力を上げて老けずに生きる方法についてお話ししていただきました。

 

今回は、「体にいい要素を摂取し続けて自分の体の細胞を作ることが大事」というお話です。

 

 

 

 

杉田かおる  Kaoru Sugita

杉田かおる(ミラクル免疫力)

 

1964 年東京都生まれ。7歳でテレビドラマ 『パパと呼ばないで』に出演。天才子役として人気沸騰。その後も女優として映画、テレビ、舞台で活躍。2009 年テレビ番組のダイエット企画がきっかけで、オーガニックな食生活に目覚める。

近年は、自らの農業体験を活かした講演や執筆活動を。著書に『杉田かおるの毒だしダイエット』(アスコム)、『杉田かおるのオーガニックライフ』(武田ランダムハウスジャパン)、『この私が変われた理由』(アスコム)など。

 

 

 

 

●野菜や果物中心にして、体にいい栄養素を摂取し続けて自分の体の細胞を作る。

そして有害物質を体にためないことが大事

 

 

白澤 免疫力を上げるということは、細胞の機能を上げるということなんです。細胞の力をアップするには、野菜や果物のビタミン、ミネラル、フィトケミカルなどが極めて重要なんです。つまり、免疫力を上げて本当の健康を作るためには、抗酸化力のある食べ物、解毒作用がある食べ物を摂ることなんです。杉田さんは野菜中心の食生活だから免疫力もあるし、デトックスもかなり進んでいると思いますね。

 

杉田 デトックスはされていると思います。テレビの企画でダイエットしたとき、すごく辛かったんですが、食事を変えて摂取量も減らしたことで、デトックスが進んだと思うんです。大事なのは、その後なんですね。その後も野菜や果物中心にして、ビタミン、ミネラル、フィトケミカルなど体にいい栄養素を摂取し続けて、自分の体の細胞を作っていく、有害物質を体にためないっていうことが非常に大事な気がします。

 

白澤 そのとおりですね。

 

杉田 私は半年に1回程度、毛髪ミネラル検査(髪の毛から体内の有害物質の蓄積度や必須ミネラルの過不足を分析する検査)や血液検査をしているんですけど、いままであまりよくない環境、よくない食事をしていたので、驚くような有害物質が体の中に入っていたりするんです。

でも、野菜中心の食生活にして、半年ぐらい畑仕事をしていたら、その数値がかなり下がっていました。こんなになくなるんだ、と驚きましたね。野菜だけでなく、自然農の畑に生えているスギナとかツクシとかを摘んできて、乾燥させてお茶にして飲んだりしていたので、それもいいのかもしれないですね。

 

白澤 自然と触れ合ってワクワクしたり童心に返ったりすると、重要な免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が増えるんですよ。だから、畑仕事というのは、免疫力アップにすごくいいですね。

 

杉田 そうなんですね。

 

 

小松菜(ミラクル免疫力)

 

カリフラワー(ミラクル免疫力)

 

 

 

 

白澤 過去、僕も毛髪検査をしたら、水銀量が高かったんです。水銀が高いのは明らかに魚が原因だから、お鮨屋さんに行ったとき、マグロのような魚体が大きい魚は食べないようにしていましたね。大きな魚が水銀の濃度が高いのは、単純に大きくなるまで長期間海の中にいるからなんです。また、有害物質は脂肪にたまるので、トロなど脂肪分の多い部位も避けました。魚体の小さな魚や稚魚は有害物質の蓄積が少ないので、コハダとか貝なんかを食べるようにしていたら、水銀は下がりましたね。

 

杉田 ちょっとした心がけでも、有害物質を解毒することができるんですよね。

 

白澤 確かにそうなんです。

 

杉田 検査の結果が悪いと、私はおののいていたんですけど(笑)、最近ではおののくことはせず、自分の自然治癒力を信じようと考えるようになりました。

 

白澤 人間の体には解毒能力がありますから、細胞が正常に働くようにするのが最もいいですね。

 

杉田 免疫力とデトックス力って、関係性がありますよね? 免疫力が高ければ、デトックス力も高いとか。

 

白澤 有害物質の種類や解毒ルートによって違いはありますが、総じて関係していると考えていいと思います。

 

杉田 基礎代謝も高めておかないといけないですね。

 

白澤 そうですね。有害物質は脂肪にたまるので、体の脂肪が多ければ多いほど、毒の総量もたまる場所も多くなるんです。水銀も鉛もヒ素も脂肪細胞の中に溶け込んでいってしまうので、太っている人だと解毒するのが大変になります。痩せて脂肪細胞の量自体を減らすというのはひとつの戦略ですね。と同時に、常に脂肪細胞を燃焼できる状態にして、便、尿、汗からの有害物質の解毒を心がけることです。

 

 

 

 

『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社 本体1,100円+税)

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333127-5&mode=1

 

 

 

 

次回は、白澤教授と女優の杉田かおるさんの対談⑤「調味料をすべて発酵食品にすると免疫力がアップする」というお話です。

 

 

 

撮影/奥谷 仁 編集・構成/遠藤励子

 

シェア ツイート LINEで送る
第7回
第2章 ミラクル免疫力対談:白澤卓二教授VS女優 杉田かおる/④体にいい栄養素の摂取が大事

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top