第2章 ミラクル免疫力対談:白澤卓二教授VS女優 杉田かおる/⑤発酵食品で免疫力がアップ

プロフィール写真

白澤 卓二

白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士

 

1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。

 

東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授。

 

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授、バイオフィリアリハビリテーション学会理事長、日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCSO、ライフ・レングス®社(本社マドリッド)科学顧問。

 

著書は『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『免疫力をアップする、塩麹のおかず』『100歳までボケない手指体操』『100歳までサビない生き方』『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』『ココナッツオイルでボケずに健康!』など200冊を超える。

ミラクル免疫力をつけると、老けない!

 

この連載では、書籍『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社刊)から、免疫力をアップしてアンチエイジングライフを叶える方法をお伝えしていきます。ミラクル免疫力をすぐに実践できるレシピも、続いてご紹介。ぜひお役立てください。

 

 

第2章

ミラクル免疫力! で老けない女性になる!

 

 

 

【ミラクル免疫力対談】

ミラクル免疫力で、いつまでも老けない!

医学博士 白澤卓二先生 VS 女優 杉田かおるさん

 

テレビ番組がきっかけで、オーガニックなライフスタイルを実践するようになり、健康な体と心を取り戻した杉田かおるさん。長寿研究の第一人者、白澤卓二先生とともに、免疫力を上げて老けずに生きる方法についてお話ししていただきました。

 

今回は、「調味料をすべて発酵食品にすると免疫力がアップする」というお話です。

 

 

 

 

杉田かおる  Kaoru Sugita

杉田かおる(ミラクル免疫力)

 

1964 年東京都生まれ。7歳でテレビドラマ 『パパと呼ばないで』に出演。天才子役として人気沸騰。その後も女優として映画、テレビ、舞台で活躍。2009 年テレビ番組のダイエット企画がきっかけで、オーガニックな食生活に目覚める。

近年は、自らの農業体験を活かした講演や執筆活動を。著書に『杉田かおるの毒だしダイエット』(アスコム)、『杉田かおるのオーガニックライフ』(武田ランダムハウスジャパン)、『この私が変われた理由』(アスコム)など。

 

 

 

 

●キッチン革命! 調味料をすべて発酵食品にすると免疫力がアップ

 

 

白澤 免疫力を上げるために発酵食品を摂りましょう、と最近僕は、声を大にして言っているんですが、杉田さんは発酵食品はどのように摂取しているんですか?

 

杉田 よくお味噌汁を作って食べていますね。今日もお味噌汁に酒屋さんから分けていただいた酒粕を入れて食べてきました。それから、塩麹は自分で作っています。ジュースやスープに入れたりしていますね。

 

白澤 塩麹を自分で作っているんですね。すばらしい!

 

塩麹(ミラクル免疫力)

 

 

杉田 わりと簡単なので、自分で気に入ったおいしいお塩を使って作っています。1週間ぐらいででき上がりますね。それをだいたい2週間ぐらいで食べきります。

先日、トマトをたくさんいただいたので、私はそんなにトマトは好きではないんですけど、母がトマト好きなのでスープを作ったんです。トマトをさっと煮てそこに塩麹を少し入れてこしょうで味をととのえただけなんですけど、すっごくおいしかったです(笑)。

 

白澤 ああ、それはおいしそうですね。僕も最近、塩の代わりに塩麹、お砂糖の代わりに甘酒か麹ジャムを使うことを推奨しているんです。麹ジャムという甘い麹を食品会社と開発したんです。いま開発中なのが、塩麹とお味噌を一緒にした味噌塩麹。それから乳酸菌を塩麹の中に入れると、ヨーグルトっぽい味の塩麹ができるんです。調味料をすべて発酵食品にしたら、間違いなく免疫力が上がって健康になりますよ。だから、キッチン革命を提案しようと思っているんです。

 

トマトスープ(ミラクル免疫力)

 

 

 

杉田 それはいいですね! 調味料をすべて発酵食品にすることはできますよね。私もそうしています。塩麹も使う麹菌の種類によって少し味が異なるので、使い分けていますね。

 

白澤 調味料をすべて発酵食品にしたら、オーガニックを飛び越えるぐらいの価値がありますね。
ところで、杉田さんはお味噌汁やスープのほかに、どんな料理を作っているんですか?

 

杉田 料理は昨年から始めたばかりなのでレパートリーは少ないんですけど、お味噌汁のほかには、リビングフード的なサラダが中心ですね。電磁場が気になるので、我が家の電子レンジは捨ててしまったので、あとは鍋で作る煮込み料理などです。松木さんのところで野菜作りを教わって、去年初めて自分で野菜を作ってみて、もったいない、無駄なく食べなきゃ、って思うようになって、それで料理を始めたんです(笑)

 

白澤 遅咲きだったんですね(笑)。

 

杉田 はい、かなり遅咲きですね(笑)。

 

白澤 自分で作るようになって、味覚は変わりましたか?

 

杉田 過去、さんざん贅沢して外食してきたおかげもあると思うんですけど、自分がおいしいと思うものは、本当においしいんだという自信が持てるようになりました。野菜を自分の手で作っているということも大きいかもしれませんが、普通のサラダを作っただけでも、完璧な食材を手に入れた料理人のような満足感があるんです(笑)。

それから、料理は目で見て、香りを嗅いで、舌で味わってというように五感で味わうことが大事だと思うので、食べたあとの満足感も以前とは比較にならないくらい変わりましたね。

 

白澤 ああ、なるほどね。すごく楽しんでるね(笑)。

 

杉田 自分の作った料理が、本当においしいんです(笑)。
ところで、先生にお聞きしたかったんですけど、お味噌とか発酵食品が放射能にいいっていわれていますけど、それはどのような理由でいいんですか?

 

白澤 広島に原爆が落とされたあと、5年、10年経ったあとで放射能による障害が出る人と出ない人がいたわけです。よく調べてみたら、玄米を食べてお味噌汁を飲んでいる人に障害が出る人が少なかったんです。

それで、広島大学の研究チームがネズミを使って実験したんですね。お味噌を与えたネズミのグループ、お塩を与えたネズミのグループ、お醤油を与えたネズミのグループ、お水を与えたネズミのグループを作って、放射能を当てたら、お味噌を与えられたグループのネズミが圧倒的に生き残ったんですよ。放射能そのものに対して非常に強くなっていたんです。

 

杉田 ああ、そうなんですね。

 

白澤 こんなスタディもあります。チェルノブイリ原発事故の際、半径50キロ以内の場所に人が住めなくなったんですけど、イスラエル政府がそこに住めなくなった人たちを受け入れたんですね。その人たちは直接放射能を浴びていなかったんですが、子供たちの血液を調べてみると、非常に酸化ストレスが高かった。そこでイスラエル政府は、子供たちに死海で育ったドナリエラという藻から抽出したβ – カロテンを与えたんです。そしたら酸化ストレスは3カ月で半分に減ったという報告があるんです。野菜にもお味噌にも、放射能に対する効果があることがわかっているんですね。

 

いま、放射能に汚染されたものを選別するステージは、僕は終わったと思っているんです。もう拡散してしまっている状態なので、体に入ってくるのを阻止することはできない。だから、自分自身が強くなるしか方法がないんです。福島の人たちだけでなく、日本人全員に食事で強くなってもらうしかない、という気持ちなんです

 

 

 

 

『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社  本体1,100円+税)

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333127-5&mode=1

 

 

 

 

次回は、白澤教授と女優の杉田かおるさんの対談⑥「更年期対策に有効な食べ物について」のお話です。

 

 

 

撮影/奥谷 仁 編集・構成/遠藤励子

 

シェア ツイート LINEで送る
第8回
第2章 ミラクル免疫力対談:白澤卓二教授VS女優 杉田かおる/⑤発酵食品で免疫力がアップ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top