「あきらめない! その姿勢がいちばん大事」/菅原三千代さん


今回は乳腺全摘&同時再建を行なった菅原三千代さんにお話を伺いました。

母であり妻でありすでに祖母でもあり、そしてバリバリ仕事もこなす素敵な50代。そんなイメージの菅原さんは乳がんをきっかけに自分が変わったという方。乳がんなんて怖くない! そう思わせるオーラに包まれていました。

 

 

 

 

手術や治療内容に
妥協しない!
あきらめない!
その姿勢がいちばん大事

知っておきたい乳がん 菅原三千代さん

菅原三千代さん

Michiyo Sugawara

1961年生まれ。
レストラン営業企画

 

 

ラッキーとアンラッキーが
背中合わせだった「その年」

 

「2012年は私にとって怒濤の年。あの1年で起こったことは、まるでジェットコースターのようでした。

 

鼻の病気で手術入院していたとき、前年には良性といわれた胸のしこりを検査すると、悪性だという診断。

 

しこりを切除する乳房温存手術をなんの疑いもなく受けたところ、4分の1も乳房がなくなり、変形してしまったんです。これが温存? と悲しくなりました。さらに悪いことに術後の病理検査で『断端(切除した標本の端)陽性』と診断され、再手術で全摘をすすめられたんです。しかも放射線を当てなければいけないから、その後の乳房再建は難しいと。私は死ぬの? 治っても一生片方の胸がないままなの?と考えて、呆然としてしまいました。

 

ほかの大きな病院でセカンドオピニオンを受けても同じ意見。それでもあきらめきれずに行ったクリニックで、全摘&再建できますよと言っていただいたときには、感動で『これで再発してもいいっ!』とさえ思いました。

知っておきたい乳がん お孫さん

お孫さんにとっても、いつまでも一緒に遊んだり出かけたりできる、自慢の若いおばあちゃんですね♪

 

 

 

全摘&同時再建手術の後、ステキな仲間との出会いがあったそう。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top