第2の人生は ワイン醸造家という生き方

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。9月末、ワインが大好きな私、念願のボルドーへ旅してきました。パリから飛行機で約1時間15分。ワイナリー巡りのほかにも、世界遺産である美しい“月の港ボルドー”の街やソムリエ気分を体感できるワインの博物館「シテ・デュ・ヴァンLa Cite du Vin」も楽しく、旅先としておすすめです。そこで、ワイン醸造家として第2の人生を送られている2組にお会いして、その経緯やワイン愛などについて聞いてきました。

小野アムスデン道子

まず、ワイナリー「シャトー・ルセップChâteau le Sèpe」を始める前は、保険会社のリスクマネジメントのマネージャーだったというドミニク・ギュフォン氏。典型的企業人生を送るなか、友人に「それで人生面白いか?」と背中を押されて、まず1年間醸造学を学んだ後、50歳の自分を研修生として受け入れてくれるワイナリーを軒並み当たり、唯一受け入れてくれたマルゴーのシャトーで研修を1年。その後に独立したそう。

 

小野アムスデン道子

このシャトー・ルセップがあるのは、ドルドーニュ川を隔ててサンテミリオン地区と向かい側。しかし、土地の値段は、有名なサンテミリオンだと1ヘクタールあたり15万〜400万ユーロで、一方、ここなら1万2千〜2万5千ユーロ。「土壌もよいし、海抜が高いから風通しもいいんですよ」と23ヘクタールの畑を案内してくれたドミニク氏。「すぐにブドウを運び込めるよう、畑の近くに工場を建て、収穫や選別は機械化して、ほぼ自分1人でやっています。2009年からはボトリングも自社で始め、生産は年間9万本。日本はこれからですが、ヨーロッパ内やアメリカにも出荷しています」

 

ワインの味にアドバイスもするという奥様は、現役の弁護士としてパリで働き、週末にはこちらに戻るという生活。「でも、子供ももう独立してイギリスで働いていますし、もう少ししたらホテルやレストランをこちらでオープンさせるんですよ」とご自慢の料理でもてなしてくださいました。

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子
50歳から、学問も実地での修行も終えての起業。奥様も働いていてそれまでの資産もあったと思いますが、堅実に土地を選び、大きなお屋敷の一部は宿泊施設としても使い、人生設計をきちんと組んでのことだったよう。天候などに左右されて、苦労もあるワイン造りですが、ドミニク氏のワインを語る嬉しそうな顔に、充実の第2の人生が伺えたのでした。

小野アムスデン道子

 

 

つづいて、もうお一方の第2の人生についてご紹介します。

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第39回
第2の人生は ワイン醸造家という生き方

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top