自信が持てる歯は"私らしさ"の基本です③木佐彩子さん


人に見られる仕事をしている人たちは、どのようなデンタルケアを心がけているのでしょうか? 今回は歯の美しさに定評のある、フリーアナウンサーの木佐彩子さんにお話を伺いました。子供の頃をアメリカで過ごし、歯に対する日米の文化の違いを感じたという木佐さん。歯はプロの手を借り、メンテナンスには手間とお金をかけていいと考えているそうです。

 

 

 

 

「歯はプロの手を借り
十分お金をかけていい
パーツだと思います」
デンタルIQ 木佐彩子さん

ブラウス¥16,200・ネックレス¥7,452/アンエリス ピアス/本人私物

 

 

木佐彩子さん

Ayako Kisa

1971年生まれ。青山学院大学文学部英米文学科卒業。フジテレビアナウンサーを経て、現在はフリーアナウンサーとして活躍中。

オフィシャルブログ「木佐彩子ののほほんブログ」

http://www.ayakokisa.com

 

 

 

子どもの頃暮らしたLAで
歯への意識に目覚めました

 

小学2年から中学2年までの7年間を、アメリカのLAで過ごした木佐彩子さん。富裕層に限らず、ほとんどの子どもが皆、歯の矯正をしているのを見て、文化の違いを感じたといいます。

 

「私自身、歯並びに大きな問題はなかったのですが、念のため小6から2年間、ワイヤーで歯を動かさないようにするリテーナーという装置をつけていました。現在は半年に1度、20年来通っている自由診療の歯科医院でクリーニングを受けています。1日3~4人の患者しか受け付けないため、虫歯治療も1日で完了。治療後の不具合もなく長持ちするので、多少お金がかかっても結局はお得だと思います」

 

クリーニングは、歯石・歯垢取り、歯茎と虫歯のチェック、フッ素の泡を入れたマウスピースをはめて2分間コーティング、という内容。1度だけホワイトニングもしたものの、白くなりすぎるのがイヤで今はしていないそう。

 

「歯磨きは基本的に電動歯ブラシですが、磨きすぎるのもよくないので、たまに普通の歯ブラシも使っています。歯磨き粉は、アメリカ製のさまざまなタイプをその日の気分でチョイス。最後にブラシで舌をこすって舌苔(ぜったい)の掃除をして終了です。目下の悩みは歯の隙間。加齢に伴って歯茎が痩せたせいか、3年前から歯の間によく食べ物が詰まるようになりました。外出時にもデンタルフロスが手放せません」

 

歯は健康のベースだけに、プロの手を借りるべき。メンテナンスには、手間とお金をかけていいと思います、と木佐さん。太陽のような笑顔は、健康な口元に支えられています。

 

 

 

木佐さんはその日の気分でデンタルグッズを使い分けているのだとか。

シェア ツイート LINEで送る
第3回
自信が持てる歯は"私らしさ"の基本です③木佐彩子さん

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top