チョコレートで脳が若返る!? 明治と内閣府のプロジェクトチームが共同研究を実施。


明治3

みなさん、これがなんだかわかりますか?

とある会場の外にディスプレイされていたカカオの実なんです。

明治4

そしてこちらが白い房の中のカカオ豆です。

 

実はこの日は、「ImPACT山川プログラム」と明治が行った共同研究の中間報告会でした。既に新聞やTVでのニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが、OurAgeでもしっかり取材してきましたよ!

 

「ImPACT山川プログラム」とは、内閣府が取り組んでいる「革新的研究開発プログラム(ImPACT)」のひとつ。新たな科学技術の活用法を見いだすために、公募で選出された16名のプログラム・マネージャー(PM)により、さまざまなジャンルでの研究開発が続けられています。

明治1

山川義徳さんがPMとして統括する「ImPACT山川プログラム」では、脳の健康をターゲットにした研究を進めているのだそう。

明治2

「アメリカやヨーロッパでは、脳疾患を治すための脳研究がトレンドです。その一方で、脳機能が失われたのなら、それを補うためのIT開発が必要だという議論もあります。私たちは、脳の機能が低下する前の段階の、脳の健康維持、増進を目指した研究開発を進めています」

明治5

スクリーンには脳のMRI画像が映し出されました。

 

「現代はMRIによって脳の状態も計測できるようになりましたが、これを見ただけでは、脳が健康かどうかわからない。そこで、脳の働きを測定するIQのように、脳の健康を判断できる指標を作ろうと思ったのです」

明治6

GM-BHQ(大脳皮質の量)を数値化することで情報処理の可塑性(頭の柔軟性)、FA-BHQ(神経繊維の質)を数値化することで情報伝達の効率性(頭の回転の良さ)という、2つの指標を開発したそうです。

 

次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top