骨粗しょう症は予防が肝心!:骨代謝のメカニズム


骨代謝!

骨粗症(こつそ しょうし ょう)は予防が肝心!

 

 

思いがけない骨折などにつながる「骨粗しょう症」は、女性ホルモンの枯渇が大きな原因。閉経後の女性は誰もが予備軍といえます。

 

 

 

閉経すると
骨がもろくなるのはなぜ?

 

 

骨粗しょう症は、骨の内側がスカスカにもろくなる症状。骨折を機に判明することが多いため、「骨量の低下とともに骨折のリスクが高まる病気」と定義されています。

 

「閉経以降の女性にリスクがあるとされるのは、更年期を境に骨量が減りはじめ、60代以降、骨折する人が徐々に増えるためです。肌がターンオーバーを繰り返すように、骨も〝骨代謝〞と呼ばれる新陳代謝を繰り返しており、それを支えているのが女性ホルモンのエストロゲンです。エストロゲンは腸内で、骨の材料となるカルシウムの吸収を高める働きを担っています。しかし、閉経後は、このエストロゲンが枯渇するため、骨代謝のバランスが大きくくずれてしまうのです」(松峯先生)

 

古くなった骨が壊されるのは〝骨吸収〞と呼ばれる仕組みで〝破骨細胞〞が働きます。そして、いったん壊した骨を新しく作り替える〝骨形成〞を行うのが〝骨芽細胞〞です。

 

「私たちの体内では骨の再構築が休むことなく続けられていますが、閉経後にエストロゲンの分泌が止まると、骨芽細胞の働きが破骨細胞に追いつけなくなり、骨形成よりも骨吸収のスピードが速くなる現象が起こります。そのため、閉経後は骨の強度が低下しやすくなるのです」(松峯先生)

 

 

 

【骨代謝のメカニズム】

私たちの体内では骨吸収と骨形成がゆっくりと繰り返されています。古くなった骨を破骨細胞が少しずつ壊し、それを骨芽細胞が修復して新しく作り替える仕組みを〝骨代謝〞といいます

私たちの体内では骨吸収と骨形成がゆっくりと繰り返されています。古くなった骨を破骨細胞が少しずつ壊し、それを骨芽細胞が修復して新しく作り替える仕組みを〝骨代謝〞といいます

 

 

閉経して女性ホルモンの分泌が欠乏すると、骨を作る働きが骨を壊す働きに追いつかなくなり、骨量が減少するようになっていきます

閉経して女性ホルモンの分泌が欠乏すると、骨を作る働きが骨を壊す働きに追いつかなくなり、骨量が減少するようになっていきます

 

 

 

松峯寿美さん Hisami Matsumine

MyAge_010_119-松峯寿美さん

1946年生まれ。東峯婦人クリニック院長。医学博士。日本産婦人科学会専門医。

東京女子医科大学、同大学院卒業。

1980年に開業以来、妊娠・出産・更年期・老年期まで、

婦人科系のQOL(生活の 質)を保つ医療を実践。

骨盤底筋トラブルの治療や子宮脱を改善する経腟手術なども行う。

『女性の医学BOOK』(永岡書店)など著書多数

 

 

福岡由理さん Yuri Fukuoka

MyAge_010_119-福岡由理さん

1982年生まれ。理学療法士。

東峯婦人クリニックにて産前・産後の骨盤底筋ケア、更年期以降の尿もれ、

骨盤臓器脱の予防・改善に有効な骨盤底筋トレーニングを指導している。

全身のバランスを整えて不調を改善する理学療法を行う。

共著に『ウィメンズヘルスと理学療法』(三輪書店)など

 

 

 

次回は、骨粗しょう症の基礎知識について、Q&A方式でご紹介します。

 

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/大石久恵 監修/松峯寿美、福岡由理

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top