OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/96985/

日本から一番近いアメリカ本土 夫婦で楽しめるシアトル(前編)

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

OurAgeインタビュー/人生がちょっと変わるような「気づきの旅」を届けたいはこちら

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。日本からいちばん近いアメリカ本土は、サンフランシスコやロサンゼルスではなく、実はシアトルです。行きは日本から9時間ほど。マイクロソフトやアマゾンの本社があることで知られていますが、北西部最大の都市だけあってホテルやレストランがとても充実していて、とにかく面白いミュージアムもたくさんあり、男女共に楽しめる街なのです。

また、ちょっと郊外に出れば、おいしいワシントン州のワインをワイナリーで試飲することも。2回に分けて、そんなシアトルの旅をご紹介します。

昔イチロー、今は岩隈と日本人選手が活躍するマリナーズの本拠地のセーフコ・フィールド。

昔イチロー、今は岩隈と日本人選手が活躍するマリナーズの本拠地のセーフコ・フィールド。

 

まず、日本からシアトルへの玄関口となるシアトル・タコマ空港。シアトル市とタコマ市のちょうど中間にあるので、シータック空港と呼ばれています。この空港から渋滞時でなければ30分ほどのところに2012年に開館したのが、車好きには垂涎の「アメリカ自動車博物館」です。クラッシックカー、カスタムカーなどは「憧れの車にここで会えた!」と感激する殿方が多いのでは。再現された車もありますが、多くはオリジナルが置かれているのにも目を見張ります。創設者であるハロルド・ルメイ氏の3000台以上のコレクションを元にしており、車とバイクを合わせて300台以上が常時、展示されています。

小野アムスデン道子シアトル

エントランスホールを入ると圧倒的な広さにズラリ車の並ぶ展示に圧倒されます。左は1878年の消防車Silsby “General Putnam”。

小野アムスデン道子シアトル

キュレーターのスコット・ケラー氏も学生時代にこれと同じ2002年のBMWを持っていたのでとても懐かしいそう。

小野アムスデン道子シアトル

“デューセンバーグモデルJ”という当時のアメリカの最高級車。オリジナルの“1930 Duesenberg Model J Roadster”。

 

しかし、それだけではなく車を通して、その時々のアメリカ文化をふりかえったり、レーシングカーのシミュレーターがあったり、大人も子供も誰もが楽しめる施設。2012 年にブルガリ創業者のニコラ・ブルガリが第1回を飾ったという熱烈な車愛好家によるコレクションを展示する「マスターコレクター」などは、色気を感じるほど素敵な車が並んでいて、ちょっとスーパープレミアムカーの虜になってしまうかもです。 入場料は大人18ドル。

小野アムスデン道子シアトル

テストドライバー気分が味わえます。1回8ドル。

小野アムスデン道子シアトル

マスターコレクターのコーナーに置かれた1939年のリンカーンにインスパイアされたカスタマイズカー。

 

アメリカ自動車博物館America’s Car Museum
住所:2702 E D St, Tacoma, WA
https://www.americascarmuseum.org

 

次ページに続きます。

あまりにも美しい車を見た後は、優雅な気分のままでホテルにチェックイン。
シアトルのダウンタウン中心部にあり、シアトルの有名観光スポットであるパイクプレイス・マーケットはじめどこに行くにも利便性の高い場所ながら、圧倒的な優雅さを誇る「フェアモント・オリンピック・ホテル」へ。

 

創業は1924年、国家歴史登録財の指定を受けた建物で、ロビーの優美な雰囲気にはうっとりします。ゆとりのある客室や廊下は2016年に改装を終えたばかりで、心地よいモダンなインテリア。これだけのラグジュアリーさで、冬季は300ドル程度からで宿泊できます。

小野アムスデン道子シアトル

クラッシックなロビーのソファに腰かけていると、紳士淑女な気分。

客室は、モダンながら落ち着きのあるデザイン。

客室は、モダンながら落ち着きのあるデザイン。

 

シアトルは、港から水揚げされた新鮮なシーフードをはじめ、自然に囲まれているので食材に恵まれ、一方でインターナショナルは大都市でもあってレストランのレベルが高いところ。選り取りみどりはありますが、到着日で疲れていたらホテルのダイニングでゆっくりと食事を楽しむのもいいでしょう。シアトルに来たら食べなきゃというオイスターバーが有名な「シャッカーズ」は、格式あるホテルにあってフレンドリーさも備えたレストランです。

 

 

ワイナリーツアーに備えて、ワシントン州のワインのおすすめを聞いておくのもよいのでは。

小野アムスデン道子シアトル

シャッカーズに来たらやっぱり生ガキを食べなければ。この日は6種類。一つから注文出来ます。

小野アムスデン道子シアトル

帆立のグリルもぷりぷり。ニョッキにワイルドマッシュルームも添えて。

 

 

フェアモント・オリンピック・ホテル Fairmont Olympic Hotel

住所:411 University St, Seattle, WA
http://www.fairmont.jp/seattle/

 

 

ちょっと優雅な気分をテーマにしたシアトルの1日目、後編ではボーイング社ゆかりの地で、本物の大統領機“エアーフォースワン”や音速の“コンコルド”までをコレクションするミュージアムやワイナリー巡りを紹介します。

 

 

 

取材協力/シアトル・ワシントン州観光事務所
http://www.visitseattle.jp

<前の記事

<前の記事
第44回/冬の日帰り(滞在5時間)の北海道 鮨に温泉、異国情緒漂う函館の旅…

次の記事>

次の記事>
第46回/日本から一番近いアメリカ本土 夫婦で楽しめるシアトル(後編)…

この連載の最新記事

世界一幸福な国からも学ぶ、STAY HOME 自粛生活の楽しみ方

第118回/世界一幸福な国からも学ぶ、STAY HOME 自粛生活の楽しみ方

STAY HOME のセルフケアのヒント :メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

第117回/STAY HOME のセルフケアのヒント :メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

STAY HOME な今、思いをはせたいホテルの香りストーリー

第116回/STAY HOME な今、思いをはせたいホテルの香りストーリー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル