日本から一番近いアメリカ本土 夫婦で楽しめるシアトル(後編)

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。シアトルを優雅に楽しむ夫婦旅をご紹介する後編は、ラグジュアリーな「フェアモント・オリンピック・ホテル」のダイニング「ザ ジョージアン」での朝食から。

小野アムスデン道子シアトル

豪華なシャンデリアの下がる広々したホールに、ゆったりと配置されたテーブル。18世紀初めのイギリスの優美な建築様式を映す、アメリカのジョージアン様式の雰囲気が漂います。フルーツやシリアル、マフィンやペストリーなどのコンチネンタルブレックファスト・ビユッフェと卵料理やベーコン・ハムなどのアメリカン・クラシックなブレックファスト、そしてシェフのクリエイションという創作的な料理のメニューが並びます。私のチョイスは、このシェフスクリエイションで、イタリアンブレッドにキノコの炒めものとスライスしたアボカド。そしてまったりしたポーチドエッグにタバスコをプラス。

 

フェアモント・オリンピック・ホテル Fairmont Olympic Hotel
住所:411 University St, Seattle, WA
http://www.fairmont.jp/seattle/

 

さて、前編でご紹介した「アメリカ自動車博物館」ともう一つ、シアトルと言えばゆかりのボーイングにちなんだ航空博物館「ミュージアム・オブ・フライト」は、ぜひ立ち寄りたいミュージアムです。こちらもシアトルとタコマの間にあるので、アメリカ自動車博物館と組み合わせて回ることも出来ますが、2つともとても充実しているので1日2カ所は疲れるかも。

小野アムスデン道子シアトル
入り口ではライト兄弟の飛行機のレプリカが頭上を飛び、すぐに見えるグレート・ギャラリーはもう圧巻。39機もの実物大(!)の飛行機があって、有名なダグラス社のDC-3などが天井から吊るされているのですから。どの飛行機も使われていた時代を感じさせる展示で、ここを見るだけでもかなりの時間がかかります。ほかにフライト・シュミレーターやボーイング社の最初のガレージの再現があり、これらを見たらブリッジをわたって宇宙飛行の展示がされているスペース・ギャラリーと、実物の大型飛行機がずらり並ぶアビエーション・パビリオンへ。これまたすごいんです。

小野アムスデン道子シアトル

 

シェア ツイート LINEで送る
第46回
日本から一番近いアメリカ本土 夫婦で楽しめるシアトル(後編)

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top