パンケーキ作りへの果てしない道のり


カフェ開業を決めて、看板メニューはパンケーキだわ!とワクワクしていた私。
パンケーキにも王道があるはずよ、きっと!と思い込んでいたのです。
生姜焼きとか、肉じゃがとか、コロッケみたいにさ、
本とかネットをあたってみれば、なるほど、こんな感じねっ、みたいな、
おいしくつくるコツとか、王道レシピがだいだい分かるんじゃないのぉ、と恐ろしく甘く考えていたのでした。

 

ところが、図書館に通ってデザート本をめくっても、
ネットでしつこく検索しても、
自分でパンケーキを焼いてみても、おいしくできない。
王道とか、コツに出会うことも、ぜんぜんできない。
そもそも、そんなものはないのかも・・・。

 

途方にくれた私は、こんなときこそプロの力をお借りしよう、と
知人のフードコーディネイターにレシピ開発を手伝ってもらうことに。
私のリクエストは、米粉入りの、ふわっとしてるけど、
ちょっともちっとした食事にもできる甘くないパンケーキ。

 

ほどなくして彼女が提案してくれたレシピは、なんと50種類以上。
小麦粉と米粉の配合バランスのほかに、卵と牛乳の量、
ヨーグルト入りとか、サラダオイル入りとか、砂糖と塩の加減とか、
レシピのバリエーションは、さらに広がる一方。
プロをもってしても、絞り込むことができない。とほほ。

 

パンケーキの生地

試作中の何種類もの生地。

パンケーキと付箋

配合がわかるように、焼き上がったら付箋をつけて。

 

でも、とにかく、みんなで(といっても、フードコーディネイターと
スタッフと私の3人)試作しましょう!
頭をかかえていてもしょうがない、実際に作ってみよう!
意外にすぐにおいしくできたりしてね。←と、あくまで楽観的でしたが。
しかし、1日に試食できるパンケーキの量には、限度がある、
そんなには食べられなーい、という当たり前の現実にも気づくのでした。

 

レシピだけでなく、火加減や大きさ、こげ色、
ふくらみ具合、盛りつけ方も決めなきゃいけない。
試作は続く。パンケーキはどこまでも多様で、
道は果てしなく遠いのでした。くらくら。

 

 

 

 

ところで、話はちょっと飛びますが、昨年の夏、
アメリカ西海岸のポートランドに旅行したときのこと。
ポートランドは、ここ数年、世界中から注目されている、
おしゃれで、環境にやさしい人気の都市で、
「全米で暮らしたい都市」の上位にくいこんでいるほど。
そのポートランドで、パンケーキって、
こんなにも多様なのだわ、とまたまた認識
させられたステキな出会いがありました。

 

ポートランドの地元の友人が、
「パンケーキの老舗があるのですが、行ってみますか?
ナオミさんの好みかどうかは分かりませんが」。
「はい!もちろん、行きたいです」と私は即答。
「ほんとうに行きたいですか? 普通の、昔ながらの
パンケーキ屋さんですよ」と友人があまりに控えめなので、
私は、心の中で、期待しない方がいいのかも、と思ったり。

 

パンケーキハウス看板

大きな看板が目印。ポートランドにある「パンケーキハウス」本店。

 

レストラン外観

外観もインテリアもカントリースタイルのごく普通のアメリカのレストラン。清潔なオープンキッチンがありますが、パンケーキを焼いているところは見えません。

待っている人々

ウエイティングができるほどの人気。

 

で、友人が連れて行ってくれたのが、この店!
その名も「パンケーキハウス」。
外観も内装もアメリカのごく普通のレストラン。

ところが、パンケーキがすごい!これ!

Dutch Baby

名物のDutch Babyというパンケーキ。
エッジがいい感じにこげて、こんなに盛り上がっているとは。

 

Dutch Babyと言います。
エッジが盛り上がっているではありませんか!
こんなパンケーキ、初めて! なんだか元気いっぱい!
どんな風に焼くとこうなるのよぉ???
そして、このパンケーキが、普通に、昔からある、
というのが驚きでした。やはりパンケーキは、奥が深い!のです。

 

パンケーキハウスのほかの写真も紹介しますね。

パンケーキの付け合わせ

付け合せは、メイプルシロップ、ジャム、粉砂糖、ホイップクリーム、そして、レモン!

ブルーベリーパンケーキ

ブルーベリーパンケーキは、ひとり分が6枚も!
生地にも、ピッチャーにもブルーベリーがたっぷり。

プレーンパンケーキ

ベーシックなパンケーキは生地が薄め。でも大きい。

パンケーキ

ベーコンとハム

サイドオーダーで、うっかりハムとベーコンをひとり分ずつ頼んだら、このボリューム! なぜ?

 

 

話は戻ります。

 

まだパンケーキレシピは道の途中でありながら、私は、
カフェの玄関用に買った鉢植えのバラが満開になるから!、
という理由で、2008年の5月5日、突然に、しかしひっそりと
カフェをオープンしたのでした。私とスタッフがひとり。
「パンケーキレシピも他のメニューも、少しずつ作りあげていこう!
実践あるのみ!なんとかなるわるよっ!」と前のめり。

 

オープンしたときのメニューは、数種類のドリンクとサラダだけ。
ご近所にも友人にもまったく宣伝していない。
味にうるさい友人たちにも秘密にしておいた方がいい、という
悲しい状況だったのです。

 

オープンして数ヶ月、訪れる客は、ほとんどいませんでした。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(5)

    にこりさん、ありがとうございます!。
    パンケーキの試作は、気が遠くなるような
    道のりでした。
    そして、いったん決まってから、
    さまざま変化をとげてきました。
    変化するっていうのが大事だと思ってます!。
    今後ともよろしくお願いします。

    今村ナオミ - 2014年5月20日 15:18

    パンケーキといえどもいろいろ・・・
    なわけですね~!!!

    というか、この試作、混乱してきて大変そうだけど、
    大変そうなことって、後でおもうと楽しいですね?

    それでベストなパンケーキができたというわけですね。
    食事としても、スイーツとしても美味しくって、
    納得のお味ですもの。

    海外のリアルなレポート、とっても興味深く拝見しました。
    次回の更新も楽しみにしています!

    にこり - 2014年5月18日 12:17

    tomado さん!、ありがとうございます!
    当時のことを思い出すと、
    「なに考えてたんだろー」と
    こわくなることがある私です。
    今後とも、よろしくお願いしまっす!

    今村ナオミ - 2014年5月16日 23:28


    初コメント、ニックネームのところを間違えて、
    件名?を書いてしまいました。
    すみません!

    tamado - 2014年5月16日 22:17

    さすが読ませます、ナオミさん。
    なんか自分もスタッフになったようで、
    勝手にわくわくしてしまいました。
    次に帰省したら絶対食べに行きます!
    次が楽しみです。

    とてもリアルで・・・ - 2014年5月16日 22:16
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top