HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/coldness/308209/

半身浴は実は心臓が弱い人向き。基本は全身浴がいいって知ってる?

あなたの入浴方法は健康に効果的? 入浴医学の早坂信哉先生に、知っておくと役立つ情報を教えてもらいました。

 

半身浴がいいのは、心臓が弱い人。基本は全身浴が◎。

早坂信哉先生によると基本的には健康効果が高い全身浴がおすすめとのこと。では半身浴はどんな人にいい?「心臓が弱い人や、呼吸器の機能が落ちている人、全身浴で息苦しくなる人などです。こうした人は、無理せず、みぞおちまでつかる半身浴を」

みぞおちまでつかる半身浴

 

毎日の入浴で、要介護リスクが29%減少

毎日の入浴で要介護リスクが減るというデータがあるそう。「私たちのチームの研究で、1万4000人弱の高齢者を調査したところ、毎日湯船で入浴している人は、週に0〜2回しか入浴していない人に比べて、3年後に要介護になるリスクが29%も減ることがわかりました。入浴は健康寿命を延ばすのです」

 

入浴剤は医薬部外品を選ぶのがベスト

知っておきたいのが入浴剤の選び方。「安心して使えるのは、成分が明記されている、医薬部外品か浴用化粧料と書かれた入浴剤です。どちらも記載されていないものは、雑貨扱いで成分がはっきりしません。血流をよくする、硫酸ナトリウム配合の入浴剤や炭酸系の入浴剤などは、温め効果が高いのでおすすめです」

 

 

早坂信哉
早坂信哉さん
温泉療法専門医・医学博士
公式サイトを見る
Twitter Instagram

東京都市大学人間科学部学部長・教授。20年にわたり3万人以上の入浴を調査。お風呂や温泉の医学的研究の第一人者。著書に『おうち時間を快適に過ごす 入浴は究極の疲労回復術』(山と溪谷社)など

 

 

イラスト/二階堂ちはる 取材・原文/和田美穂

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子2023開運
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

おでかけ女史組のミチコさんとユーユーさんに、「なりたい肌印象メイク」をご体験いただきました。

おでかけ女史組のミチコさんとユーユーさんに、「なりたい肌印象メイク」をご体験いただきました。

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第5回/コロナ疲れ、ストレス解消に効く「マインドフロネス入浴法」とは…

次の記事>

次の記事>
第7回/温泉が、家風呂より温熱・保温効果がアップする理由/入浴法の豆知識…

この連載の最新記事

更年期の入浴やサウナの注意点とは? マイルドな「ミストサウナ」がおすすめ/入浴法の豆知識

第9回/更年期の入浴やサウナの注意点とは? マイルドな「ミストサウナ」がおすすめ/入浴法の豆知識

冬の浴室での死亡事故を防ぐ温度差対策の方法とは/入浴法の豆知識

第8回/冬の浴室での死亡事故を防ぐ温度差対策の方法とは/入浴法の豆知識

温泉が、家風呂より温熱・保温効果がアップする理由/入浴法の豆知識

第7回/温泉が、家風呂より温熱・保温効果がアップする理由/入浴法の豆知識

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル