HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/diet/227006/

頑張ってキープしているつもりでも、じわじわ太ってしまうのはなぜ?/リバウンダーを救え編②

食事や運動を頑張って体型をキープしているつもりでも、じわじわと増える体重…。なぜ太ってしまうのかをダイエット倶楽部のスペシャルサポータとしてお世話になっている斎藤糧三先生に解説して頂きました。

 

監修ドクター


斎藤糧三さん
Ryozo Saito

1973年生まれ。医師。日本機能性医学研究所所長。日本ファンクショナルダイエット協会副理事長。ナグモクリニック東京 アンチエイジング・機能性医学外来医長。2019年、細胞機能再生クリニック「RECLINIC」を開院、院長に。日本機能性医学研究所のホームページはコチラ

 

 

代謝をアップするために「体リセット」の期間を!

 

今回、全面的に監修してくださるのは、ダイエット倶楽部のスペシャルサポーターとして、これまでに何度もお世話になっている斎藤糧三先生。

 

「ケトジェニックダイエット」を提唱しているだけでなく、元産婦人科医で、美容皮膚科治療や栄養療法、ホルモン療法などトータルアンチエイジングに詳しいとあって、OurAge世代の悩みにスイスイと助言や改善策を提案してくれるのが心強い!

 

「ダイエット倶楽部の皆さんは食事や運動などさまざまな知識を得ているので、リバウンドしていないほう。でも、女性ホルモンが減少し、老化によって筋肉量も低下していくなか、徐々に太っていくのは普通です。

 

一方で、私の栄養外来で目立つのは、食べているつもりでも必要な栄養素が全然足りていない女性。自己流の糖質制限によって筋肉量や骨量が減ってしまっている女性も多いんですよ。

 

今回も最初に血液検査をしたけれど、二人とも中途半端な炭水化物抜きダイエットで、筋肉減少に拍車がかかっている状態。だから体脂肪が徐々に増えてきているんです。

 

急がず、栄養をとることから始めるのがいいと思う。運動も効率のよい方法を取り入れて、いったん体をリセットしてみましょう!」

 

 

まずは健康状態をチェック!

 

最初に健康状態をチェックするため斎藤糧三先生の栄養外来を受診。ナグモクリニック東京 栄養外来(毎週月・木曜) 予約☎︎03-6261-3251

 

 

太りやすくて痩せにくいのは当たり前!

 

原因1

女性ホルモンの減少による代謝の低下

OurAge世代は、代謝を促す役割のある女性ホルモン(エストロゲン)が一気に減る時期。代謝が悪くなっているので、それまでと同じ生活をしていると徐々に太ってしまうのが当然!

 

原因2

老化による筋肉量の低下

50代以降、筋肉は1年に1%ずつ減っていきます。筋肉が落ちる=基礎代謝量も減るということ。筋肉は運動しないからだけでなく、食事内容でも減ってしまうことを肝に銘じて!

2カ月間の体リセット提案

「どうしても太りやすくなっている体をいったんリセットして、痩せやすい体に近づけよう!」という斎藤糧三先生。2カ月間のリセット大作戦、スタート!

 

 

撮影/露木聡子 構成・原文/蓮見則子

 

 

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/「リバウンドをくい止めたい!」と2人が名乗りをあげた!/リバウンダーを救え編①…

次の記事>

次の記事>
第3回/まず前半1カ月で筋肉量アップ! その食事ルールとは?/リバウンダーを救え編③…

この連載の最新記事

2カ月のリセットで、脂肪が減って筋肉が増えた!/リバウンダーを救え編⑧

第8回/2カ月のリセットで、脂肪が減って筋肉が増えた!/リバウンダーを救え編⑧

「リバウンドのリセット」2カ月間でへそ周りマイナス12.5㎝に!/リバウンダーを救え編⑦

第7回/「リバウンドのリセット」2カ月間でへそ周りマイナス12.5㎝に!/リバウンダーを救え編⑦

スタジオワークで汗をかいてミトコンドリアを増やす!/リバウンダーを救え編⑥

第6回/スタジオワークで汗をかいてミトコンドリアを増やす!/リバウンダーを救え編⑥

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル