HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/diet/289036/

40~50代女性が「体組成計」を使うメリットと選び方

持っていますか? 体組成計。古いものを使っている人、気になっているけれど何を選んでいいのかわからない人。体組成計も進化して、驚きの機能を備えた機種も登場しています。内臓脂肪を減らしたいなら、今こそ買い時かもしれません!

 

お話を伺ったのは

西澤美幸さん タニタ開発部主席研究員

西澤美幸さん
Miyuki Nishizawa

1968年生まれ。タニタ開発部主席研究員。学生時代からタニタの体脂肪計プロジェクトに参加。入社してからは体脂肪計や体組成計、活動量計などの商品開発に携わり「体組成計の生みの親」とも称される存在

 

多機能化した体組成計と上手につき合うには?

コロナ禍で健康指向が高まり、各メーカーとも体組成計の販売台数が伸び、新製品も続々発売に。どう選んだらいいのでしょう?

 

「最低限、体脂肪率と筋肉量が測定できるといいですね。筋質点数、基礎代謝量もわかるとなおいいです。40代以降の女性は筋肉量がなかなか増えないのですが、筋肉の質は繊細に変化するので励みになります。また、基礎代謝量も頑張った効果が見えやすく、モチベーションアップにつながると思います」

 

と教えてくれたのはタニタ開発部の西澤美幸さん。スマホと同じで、多機能化したハイスペックな機種は使いこなせない、という声も聞こえてきます。

 

「高額な上位モデルは、BluetoothやWi-Fiなどの通信機能を持ち、スマホと連携できるのも便利です。でも、簡便性やシンプルさ、続けやすさを重視するのであれば、安価なものでも精度は十分! 環境や目的に合わせて選んでみてください」

多機能化した体組成計イラスト

 

体重計体組成計の違い

「体組成」という言葉自体まだ認知度が低く、体組成計と聞くと「体重計に何か追加されたもの」と思う人も少なくありません。

 

でも、体組成計の前身は体重計ではなく体脂肪計です。日本では1990年代にタニタやオムロンから体脂肪計が発売され、徐々に計測技術が発達。2000年代には、体脂肪だけでなく、体の組織を脂肪・骨・筋肉などに分けて計測できるようになり、体組成計が誕生しました。

 

体組成計のパイオニアといわれるタニタの家庭用上位モデルでは、現在、医療や研究機関で使用される生体データを基準に数値を算出し、より精度の高い測定値が出せるようになっています。

 

 

乗るだけ体組成が測れる仕組み

一般的な体組成計は、人の体に微弱な電流を流してその抵抗値を計測し、体組成を推定しています。筋肉は電気が通りやすく、脂肪は通りにくいという特性を利用しているのです。

 

この数値に加え、身長・体重・性別・年齢などの情報を各社独自のアルゴリズム(体組成を推定する計算式)で瞬時に解析、数値化しています。

 

 

体組成計を使うメリット

筋肉や脂肪、骨など体を構成する組織「体組成」を推定して表示するのが体組成計です。体重計ではわからなかった体脂肪や筋肉量、基礎代謝量の増減などに気づくことができます。

 

また、体脂肪率の内容(皮下脂肪か内臓脂肪か)などをチェックし、正しいダイエットや健康管理、生活習慣病の予防などに役立てることができます。

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子 取材協力/タニタ オムロン ヘルスケア

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
次の記事>

次の記事>
第2回/40代以降の女性が「体組成計」でチェックすべき測定値とは?…

この連載の最新記事

40~50代の「体組成計」選びの7か条&おすすめ8選

第5回/40~50代の「体組成計」選びの7か条&おすすめ8選

体組成計はメーカーによって違うの? 体調で測定値は変化する?/「体組成計」の素朴な疑問<2>

第4回/体組成計はメーカーによって違うの? 体調で測定値は変化する?/「体組成計」の素朴な疑問<2>

「体組成計」で測るたびに数値が違うのはどうして?/「体組成計」の素朴な疑問<1>

第3回/「体組成計」で測るたびに数値が違うのはどうして?/「体組成計」の素朴な疑問<1>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル