OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/193363/

デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

石井さとこ

石井さとこ

歯科医・ 口もと美容スペシャリスト。

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。最新刊は『美しい口もと』。

略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

 

記事一覧を見る

新語?流行語大賞?

デンタル界にも新語がキテます✨

 

あっという間に、今年も終わりに近づいて来てます。もう何回、あっという間って言ったのかも覚えてないくらいです。しみじみ、一年の過ぎ去るスピードの速さを感じてます。

今年の新語、流行語も発表されましたが、実はデンタル界にもその風が吹いてるんです。

いろいろなメディアの情報や、SNSによって、「口もと周り」を「顔の下半分」という新たな境地に置き換えて表現する流れが。そして、私たち歯科医はそのことに驚きながらも、理解を深め、研究し、発信するという・・・。今までの硬質な世界から、柔らかで面白い?イマドキな世界へとシフトしている気がします。

 

口もとセミナーでも新語が話題になっています。

 

 

話題の言葉、「落ちベロ」、知ってますか?

 

口もと周りが、顔の下半分として、広がりを見せるようになってからまた、もう一段階新しいワードが出現しています。

その一つが、「落ちベロ」。テレビでも紹介されたそうですね。

私も最初は、何?と思いました。確かに、歯科でも、舌の下がりは、口呼吸、唾液分泌の低下や、咀嚼力の低下、法令線や、顔の下半分のたるみなど、お得になることは一つもないと紹介されてきました。

それが、また、耳鼻咽喉科の世界でも、低位舌がのどにも影響する、のどづまりを引き起こすと警鐘を鳴らしています。本来、舌が高い位置(歯科では上あごに触れている)にあると、連動する気管のふたは閉じて、食べ物は気管に入らず、食道に運ばれますが、舌が低い位置(下顎に下がる)だと、気管のふたが閉じずに、食べ物が気管に落ち、気管を塞いで、のどづまりを起こすということです。この、のどづまりは窒息以外、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があることから、低位舌は命の危険性があるということも推測されますね。

舌が落ちてしまうことへの危険性、日常でも起こりうる、のどづまり。この2つを「落ちベロ」という言葉は身近な響きで伝えてきます。

 

ワンコのこんな「落ちベロ」?は、可愛い♡ですが・・・W。人間の、のどの奥への「落ちベロ」はいろいろな症状につながります。

 

 

じゃあ、「口ゴボ」ってなんでしょう?

 

この新語とも言える、新しいワードはどうやら美容整形のジャンルから波及してきました。

しかも、医師や医療従事者が付けたのではなく、SNSの世界からこの新語が誕生したそうです。面白いですよね。この、「口ゴボ」、お顔の下半分がゴボっと見える・・・、もっこりと見えることから、命名され、浸透しました。まさに、一般の人の感覚が私たちプロよりも、勝ったような言い当て感があるなと感心しました。

歯科の世界において、この「口ゴボ」とは、下あごに比べて上あごが前に出ている状態。つまり、下顎が上顎より小さく、上顎の歯が出っ歯になっていることで、口もとが間延びしたように見える状態です。横から見た時に、鼻よりも唇が出ているようにも見えるのが、特徴です。

呼吸もしづらく、口呼吸になってしまう欠点も持ち合わせています。

顎の発育や、歯並びが原因で、「口ゴボ」になるケースも多く、最近では、小顔化して、顎の小さくなった日本人の多い症例の一つになっています。

治療法としては、個人差があります。顎自体が、大きく前に出ている場合は。顎骨体移動治療という外科手術が必要になる場合があります。これは、美容外科の領域になるようです。

軽度、中度の「口ゴボ」ならば、歯列矯正や、セラミック治療等で、歯並びの改善を図ることで改善します。「口ゴボ」という、新語の浸透は意外に早く、お悩み相談も増えているのも事実です。

 

日々、口もとのお悩みは「顔の下半分」のお悩みに変化して、増えております。

 

 

かなり浸透した、「ガミースマイル」というワード

 

「ガミースマイル」といえば、誰々さん❣ なんて、思いつく?ようになっていますが、この「ガミースマイル」、簡単に言えば、笑った時に歯肉が沢山見える・・・ですね。

主に、歯科では、骨格、歯、唇の筋肉、歯肉のうち、単独かまたはいくつかの要素が重なって歯肉が通常よりも多く見えることと、言われてます。

ただ、欧米では歯が小粒な方が多いので、意外と「ガミースマイル」、多いです。

チャーミングポイントとして、魅せているモデルもいます。個性と、捉えるか、欠点と嘆くかは、本人次第の域になりつつあります。

「ガミースマイル」の治療法も、個人差あり。歯肉形成で歯肉の位置を整える治療とセラミック治療を組み合わせたり、外科治療を施す場合もあります。

海外のティーンエイジャーは、ガミースマイルもチャーミングポイントとして魅力の一部にしています。

 

「落ちベロ」、「口ゴボ」、「ガミースマイル」・・・と、新しいワードが話題になることでスポットが当たり、その部分が再認識されるという状況に。

いずれにしても、顔の下半分の悩み、世代に限らず尽きないように思います。

ひとつ、申し上げるとしたら、口もと周り、つまり、顔の下半分の治療や修復は時間と準備が必要です。

特に、アワエイジ世代ならば、適度な欠点なら受け入れて、支障があれば、きちんと修復を試みる。自分自身が明るく、前向きに過ごせるように、見極めていくことが大事かなと思います。

美しい口もとは、やっぱり笑顔になれること❣ですからね(😊)。

・・・・・・・・・・・・・・・

★石井さとこ先生のクリニックは、 ホワイトホワイト(恵比寿店、ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店)  http://whitewhite.jp/

 

<前の記事

<前の記事
第22回/笑顔の準備、できていますか?…

この連載の最新記事

デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

第23回/デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?

笑顔の準備、できていますか?

第22回/笑顔の準備、できていますか?

TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

第21回/TVでも話題!! 夏枯れ唇を”ふっくら唇”にして幸せを呼び寄せるには!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル