OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/196108/

過敏性腸症候群(IBS)とは?その対策や治療法/教えてDr.!第2回 

ちょっと気になる病気 教えてDr.!

IBS 過敏性腸症候群

 

 

私がお答えします!

国立病院機構 久里浜医療センター 内視鏡部長

水上 健さん Takeshi Mizukami

専門は大腸内視鏡検査・治療、過敏性腸症候群、便秘の診断・治療。横浜市立市民病院内視鏡センター長などを経て現職。テレビ出演、新聞や雑誌への掲載、著書も多数

 

 

相談

なにかにつけてお腹が下りがち。特にストレスを感じていないのですが、これも過敏性腸症候群なのでしょうか?

 

答え

過敏性腸症候群の症状や原因はいくつかあります。まずは、ほかに重大な病気が隠れていないか検査を!

 

 

自分で行う対策

①ストレス型/体質を受け入れ前向きにあきらめる。

②胆汁性下痢型/生活リズムを工夫する。

③腸管形態型/マッサージや運動を。

 

病院で行う治療法

ほかの病気が隠れていないか検査を行う。

ストレス型と胆汁性下痢型には特効薬がある。

 

 

過敏性腸症候群

お腹が痛くなる便秘や下痢、その両方を繰り返す病気です。

 

過敏性腸症候群(以下IBS)の患者は日本に約20 %。5人に1人はかかっている可能性がある、とても身近な病気です。IBSというと、過敏性という日本での病名から、ストレスに弱い人がかかる病気だと思いがちです。もちろん、ストレス性のものもありますが、実は原因はそれだけではありません。

IBSの国際診断の基準は「1カ月のうち3日以上、お腹の痛みや張りなどの症状があり、下痢でも便秘でも、便が出れば楽になるもの」と定められています。そして、こうした症状を引き起こすほかの病気(例えば大腸がんなど)ではない場合に、IBSと診断されます。

おもな症状は下痢型、便秘型、その混合型の3つ。またIBSは体質によって起こる病気で、その原因で分類すると3つのタイプがあります。

 

①腸がストレスに過敏に反応する=ストレス型。ストレス感度が敏感で、もともとは緊張すると下痢をしやすい程度だったものが、ストレスと下痢がリンクして悪循環に陥ることがあります。例えば、電車の中で便意を催し、漏らしたらどうしようという恐怖から、ストレスが増強され、電車に乗ると必ずお腹が痛くなるといった具合。特に思春期の若い人に多く見られます。自分で行える解決策は「体質だから仕方ない」と前向きにあきらめることで、症状が軽くなることがあります。

 

②食事直後に胆汁が原因の下痢を起こす=胆汁性下痢型。消化液である胆汁に過剰反応して、食中や食後に便意を催すタイプです。解決策は 食後に便を出せるような環境を確保することです。

 

③腸の形から、運動不足になると便秘や下痢になる=腸管形態型。実は45~60歳の女性にはこのタイプが多く、この相談者も特にストレスを 感じていないのなら、ここに分類される可能性があります。

 

大腸は医学書で見るような形態ばかりではなく、曲がりくねっていたり、ねじれている人も多くいます。こういう人が運動不足になると、腸 のねじれ部分に便が引っかかって便秘になり、その硬い便の栓が取れると下痢になります。

特に腹痛を伴う便秘や下痢を繰り返すようなら、このタイプの可能性が高いでしょう。解決策は運動や腸のマッサージが中心になります。

 

最近は①のストレス型、②の胆汁性下痢型には特効薬があります。診断で原因を明らかにして、適切に治療を行えば、意外と簡単に解決する 病気でもあります。

 

 

イラスト/macco 取材・原文/山村浩子

 

 

MyAge2019夏号 購入アイコン

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/慢性腎臓病(CKD)って?新たな国民病?/教えてDr.!第1回…

次の記事>

次の記事>
第3回/さまざまな原因で発症する口内からのSOS!/教えてDr.!第3回 …

この連載の最新記事

帯状疱疹は子どもの頃にかかった水ぼうそうウイルスが再活性化する病気です。/教えてDr.!第6回

第6回/帯状疱疹は子どもの頃にかかった水ぼうそうウイルスが再活性化する病気です。/教えてDr.!第6回

手足のしこりの99 %は良性。しかし悪性の場合もあるので診断を受けることが大事。/教えてDr.!第5回

第5回/手足のしこりの99 %は良性。しかし悪性の場合もあるので診断を受けることが大事。/教えてDr.!第5回

関節リウマチも今はいい薬が開発されて、上手につき合っていける病気です。/教えてDr.!第4回

第4回/関節リウマチも今はいい薬が開発されて、上手につき合っていける病気です。/教えてDr.!第4回

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル