OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/199363/

不眠治療に処方するサプリ/素敵女医の快眠対策⑦医師たちが語る不眠治療

眠剤ではなくサプリメントで不眠を克服したい場合は? 今回は素敵女医の3人が実際にクリニックで行なったサプリメントでの不眠治療についてご紹介します。

快眠メソッド 先生たち

(写真左から)

飛田砂織さん Saori Tobita

クリニックシュアー銀座 美容皮膚科・抗加齢医学 50歳

 

常喜眞理さん Mari Joki

常喜医院 内科 55歳

 

今井 愛さん Manami Imai

麻布十番まなみウィメンズクリニック 産婦人科 52歳

 

 

眠剤ではなく、

サプリメントに頼る方法もある

今井 眠剤は1カ月以上、毎日服用してしまうと、なかなか離脱が難しい。

 

飛田 私のクリニックは完全に自費診療なので、いわゆる眠剤は出していません。そもそもアメリカの睡眠のガイドラインでは、もうベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、最初の選択肢ではないんですね。むしろ眠剤を飲んでいる50代前後の人からは、「眠剤をサプリメントに替えられませんか?」と相談されることが多々あります。

 

今井 そういうときは何を出します?

 

飛田 メラトニンを併用しながら、数カ月かけて眠剤を切っていく方法でしょうか。なかにはメラトニンに抵抗がある方もいるので、そういう人にはグリシンやマグネシウムが入っているサプリメントや、ハーブ系のサプリメントなどを提案することもあります。

 

常喜 なぜメラトニンがいやなんでしょう?

 

飛田 ホルモンということで初めは躊躇されるのですが、作用や安全性を説明すると安心して試される方も多いですね。メラトニンの適量は人によって違い、毎回診察し、量を決めて処方します。体内時計を自然に整え、体の錆びつきを抑える抗酸化作用を併せ持つのが特徴です。

 

今井 眠剤を飲んでも改善しない場合は、心療内科に相談してもらうようすすめることもありますね。また更年期が原因の睡眠障害なら、HRTで改善する場合もあります。

 

常喜 結局、効果が長いものにするか、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)にするかなんですよね。

 

快眠メソッド 薬イラスト常喜先生

「私自身は、眠れないときはアモバンを半錠飲んでいます。寝る前の儀式として、マッサージ機で全身をほぐし、同時に足のむくみを取るマシンで足もマッサージしています。また、夏などに体がほてっているときは、深部体温を下げるために手のひらや足裏を保冷材で冷やしてから寝ています」(常喜先生)

 

 

次回は「内科医、抗加齢医、婦人科医が語る『不眠治療』の現在/睡眠障害の種類とは?」をご紹介します。

 

 

撮影/森山竜夫 ヘア&メイク/田代ゆかり イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

MyAge2019秋冬号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第6回/不眠治療用の眠剤やサプリ/素敵女医の快眠対策⑥医師たちの不眠治療…

次の記事>

次の記事>
第8回/睡眠障害の患者が注意したい事/素敵女医の快眠対策⑧医師たちが語る不眠治療…

この連載の最新記事

睡眠障害は何科にいく?/素敵女医の快眠対策⑨医師たちが語る不眠治療

第9回/睡眠障害は何科にいく?/素敵女医の快眠対策⑨医師たちが語る不眠治療

睡眠障害の患者が注意したい事/素敵女医の快眠対策⑧医師たちが語る不眠治療

第8回/睡眠障害の患者が注意したい事/素敵女医の快眠対策⑧医師たちが語る不眠治療

不眠治療に処方するサプリ/素敵女医の快眠対策⑦医師たちが語る不眠治療

第7回/不眠治療に処方するサプリ/素敵女医の快眠対策⑦医師たちが語る不眠治療

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル