OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/201147/

新型コロナウィルスに負けない! 50代人気歯科医が実践する感染予防対策

石井さとこ

石井さとこ

歯科医・ 口もと美容スペシャリスト。

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。最新刊は『美しい口もと』。

略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

OurAgeインタビュー「双子の子育てをしながら訪れた“3つの転機”で、世の女性たちに自信を持たせてくれる専門医に」はこちら

記事一覧を見る

今だからこそ、もう一度見直すオトナの感染予防対策

 

年明けから危ぶまれていた新型コロナウィルス。未だにその本性は謎に包まれたまま。マスク不足、アルコール類も不足と、ストレスのたまる毎日ですが、自分たちの出来ることを冷静に粛々とするのが、オトナだと思います。
でも、意外と見落としていがちな感染予防対策。私はやっていますと、自信をもっていても、抜け落ちていることがあるかもしれません。この機会にぜひ、見直してみてくださいね!

 

まずは、手洗いから

 

蛇口は、エルボー(ひじ)で開閉!

 

外出先などで手洗いする場合、良く手洗いしても、蛇口が菌にまみれていると心得ておきましょう。

プッシュ式の蛇口ならば、ひじ(エルボー)で開閉することで、除菌された手も守られます。

また、ねじ式の蛇口の場合もありますよね。私はこの場合、手洗いして、蛇口も洗い、最後に閉めます。次に使う人にも良いですよね。良い連鎖になると思います。

 

きちんと、ドライがポイント

 

手洗いしたあと、時々見かけるのが、ピッピッと手を振って乾かすふりの人。オトナには、いませんかね?
私は駅やデパートのトイレで見かけたことがあります。

せっかく念入りに手洗いしても、濡れたままの手は、きちんと乾かした手に比べて、多くの菌を繁殖させ、それをまた、他に移しやすくします。

タオルや、清潔なハンカチできちんとドライすることで、移す菌を確実に減らすことができます。

また、外出先で見かける手のドライヤーも、深部が菌で汚染されていることがあると言われています。

オトナなら、マイタオル、マイハンカチを持参して手洗いからドライまで完結するのが、スマートですね。

 

アルコールの消毒を

 

アルコールのジェルや液は、乾いた手で良くもみこむようにして行いましょう。

これも、時々、手洗い石鹼のように、びしょびしょの手にアルコールをつけている人を見かけますが、水分が混入すると、アルコール濃度も薄くなり、殺菌効果が落ちます。乾いた手で行ってください。

そして、こまめな手洗い、一日10回以上の手洗いは、風邪のリスクを半減すると言われてます。

油断せずに、行うこともポイントだと思います。

 

マスクは本当に必要なの?

 

診療中には歯科用フェイスシールドで防護します。はっきりいって暑いです・・・。

 

不足、不足と言われるマスク。私たち歯医者は、これがないと仕事になりません。何とか死守しています。患者さんと私たち歯科医の飛沫予防、切削治療の上での粉塵予防にも大きな役割がありますね。

しかし、ウィルスのような微細なものはシャットアウトが出来ません。ですが、咳、くしゃみのエチケット対策にはマストです。特に症状が出ている方は、マスクはマスト。

シャットアウトは出来なくても、マスクをかけている事で、汚れた手や指が口もとに触れませんよね。マスクが防護壁になっていることも事実です。マスクは手から口への感染予防対策に、貢献してると思います。

マスクは、鼻から顎下まできちんと包み込むように付けてください。サイドに隙間があったり、ぶかぶかしていると、症状が出ている方は飛沫が漏れますので、ガーゼなどで補強したりと、少し工夫をしていただくと、感染の拡大を防げると思います。

 

 

歯磨きケアもお忘れなく

 

免疫力が低くなると、風邪やインフルエンザなど様々なトラブルにかかりやすくなりますが、口内環境が悪くなると、風邪、インフルエンザに罹患しやすくなります。

私たちの口内には、約30億から6000億の細菌が住んでいます。これらの菌が、タンパク質分解酵素を出して、細胞膜をこじ開けて、菌やウイルスを侵入させます。つまり、口内が不潔であればあるほど、菌は増え、体内を感染させやすい状況に陥れてしまうのです。

毎日の歯磨きケアが大事な予防対策になると思います。朝いちばんの歯磨きケアは、口内の溜まった菌を吐き出すきっかけになりますし、食後の歯磨きケアを上手に取り入れるのも得策です。また、就眠前の歯磨きを充実させると、虫歯や歯周病のリスクが少なくなりますね。特に、デンタルフロスを使用することで、清掃効果が9割近く上がります。歯ブラシだけの習慣でしたら、フロスもお仲間にいれてみてください。

 

私が監修した泡立たない薬用歯磨きジェル「ナチュラルドロップス」。持ち歩きにも便利です。今こそ、口もとから感染防止して、美しい口もと、素敵な笑顔でいたいですね。

 

毎日、取り入れて、免疫力維持を

 

風邪やインフルエンザから体を守る、免疫力。食生活にも、毎日、手軽に、免疫力を高める栄養素を取り入れるように心掛けています。

腸の環境を良くし、働きを活発にすることで免疫力が上がると言われている発酵食品や、オリゴ糖などの栄養素を含むものを継続的に取り入れることが大事です。

ハチミツは、単糖類ですが、オリゴ糖も含み、免疫力を高めたり、殺菌作用で口内炎にも効果があります。オリゴ糖は、虫歯になりにくいと言われてますが、やはり、甘味ですので、基本、歯磨きはお忘れなく。

ヨーグルトや、お漬物、乳酸菌を含むものは、腸内の善玉菌を増やすので、食事に取り入れたり、飲んだりします。

自分たちが、毎日、取り入れやすいものを見つけて、継続することが、免疫力を維持するポイントになると思います。

 

我が家で欠かさないもの。毎日継続して摂取することが大事。

 

まずは今回紹介したような、ちょっとした見直しをして、改善していきましょう。

自分への適切なケアは、他人にとっても適切なケアとなって、よい変化を呼び込むと思います。

 

<前の記事

<前の記事
第23回/デンタル界の新語大賞!?「落ちベロ」「口ゴボ」を知ってますか?…

次の記事>

次の記事>
第25回/【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!…

この連載の最新記事

【動画あり】「マスク老け」の危機を回避!! 50代人気歯科医が簡単メソッド公開!! ②

第27回/【動画あり】「マスク老け」の危機を回避!! 50代人気歯科医が簡単メソッド公開!! ②

忍び寄る「マスク老け」の危機!! その3大兆候とは?  50代人気歯科医が指摘!!①

第26回/忍び寄る「マスク老け」の危機!! その3大兆候とは? 50代人気歯科医が指摘!!①

【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!

第25回/【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル