HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/202148/

あの「がんサバイバー女優」が一気読みした「呼吸本」とは?/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・1」

根来秀行

根来秀行

1967年、東京都生まれ。医師、医学博士。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

記事一覧を見る

たちまち重版となり、テレビやラジオで特集を組まれるなど話題沸騰の根来教授の最新刊
ハーバード&ソルボンヌ大学Dr.根来の特別授業病まないための細胞呼吸レッスン
みなさま、もう読まれましたか?

 

 

ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 

病まないための細胞呼吸レッスン

根来秀行 本体1300円+税

全身60兆個の細胞に働きかけ、細胞レベルで元気になれる生活術が満載。箱根駅伝2020総合優勝した青学駅伝チームをはじめ、各界のトップアスリートたちが根来教授の指導を受け実践しています!

 

女優の南果歩さんは、発売早々、一気に読破したそう!
そんな果歩さんをゲストに迎え、細胞呼吸レッスンを開講することになりました。

Dr.negoro_photo

(C) KEITA HAGINIWA 2020

 

【右】南 果歩さん

 Kaho Minami
1964年生まれ。’84年、映画『伽倻子 のために』で主演女優デビュー。以降、 映画、ドラマ、舞台で活躍。2015年に映画『MASTERLESS』で全米デビュー。近作に、ドラマ「定年女子」、現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」、 映画『オー・ルーシー!』『ブルーアワーにぶっ飛ばす』など。今後の公開 待機作に映画『ミス オオサカ』『脳天パラダイス』がある

 

 

足りないのは酸素じゃなくて二酸化炭素!?

 

 ご本、すごくわかりやすくておもしろかったです!
気になるページを折っていたら、ドッグイヤーだらけになっちゃった(笑) 。

Dr.negoro_photo

撮影/編集部

 

根来 わ、本当だ。読み込んでくださって、うれしいです。

 

 普通、呼吸といえば、息を吸って吐くだけと思っていて、その先の細胞呼吸のことなんて、全然意識していないですよ。

 

根来 おさらいすると細胞呼吸というのは文字通り、細胞による呼吸です。
肺呼吸(外呼吸)で取り入れた酸素と食事で取り入れた栄養素を、細胞内のミトコンドリアで燃やし、生命活動の源であるエネルギーを生み出す「内呼吸」のことです。

 

 人はエネルギーを生み出すために呼吸をしているんですね。

 

根来 そのとおり。いっぱい酸素を吸っても、栄養価の高いものを食べても、それらがちゃんと細胞に届けられ、細胞呼吸によってエネルギーに変換されなければ、まったく意味がないんです。

 

 細胞呼吸の原料になる酸素と栄養素を、全身の細胞に行き渡らせることが大切だと。

 

根来 ハイ。酸素と栄養素を細胞に届け、二酸化炭素や老廃物を回収するのは、全身に張り巡らされた毛細血管です。でも、毛細血管は加齢や悪い生活習慣、ストレスによって劣化します。放っておくと、血管はあるのに血液が流れてないゴースト血管になってしまう。

 

 血管のお化けなんて怖いーー。

 

根来 ゴースト血管が増えると、あちこちで毛細血管のルートが分断され、その先の細胞は酸欠と栄養不足でヘロヘロに。細胞呼吸が滞った細胞の周辺はエネルギー不足になるし、老廃物もたまる一方です。それが頭で起これば頭痛に、肩で起これば肩こりに、肌で起こればシミやシワに‥。

 

細胞の酸欠が、風邪からがんまで引き起こす!

 

 すべての不調の根っこに、細胞呼吸の滞りがあるんですね。

 

根来 ハイ、細胞の酸欠が風邪からがんまで引き起こすのです。

 

 私は52歳のとき、乳がんになりましたが、細胞がちゃんと呼吸できていなかったんですね。

 

根来 仕事が忙しいとか、いろいろなストレスがあると、交感神経が優位になり過ぎて、毛細血管がギュッと閉まり、血流が低下します。その状態が長く続くと、細胞呼吸が滞り、毒性の高い活性酸素や病的な毛細血管が大量発生して、がん細胞の成長につながってしまう。がん細胞は酸素が来ないところで育ちやすいんですよ。

 

 がんになって初めて、「私の体って、私のわがままをきき続けてここまで来ちゃったんだな」って、すごく反省したんです。
それまではやりたいと思ったら、体が「ちょっと待って」と言っても気持ちで突っ走って。でも、体を二の次にしていたら、本当に危険なんだなって痛感しました。

 

根来 そこで気づかれてよかったですね。がんを含め病気を治すためにすべきことは、健康な人がより健やかに美しくなるための健康法と、実はイコールなんです。
細胞にアクセスするための正しい知識と、普段の暮らし方のちょっとした見直しで、病まない体を作ることは可能ですよ。

 

 無理がきかなくなってきた今こそ、身体改革しなくちゃ。この本には、細胞と仲よくつき合っていくためのヒントが詰まっていて、すごーく参考になります!

 

根来教授のレクチャーを受けながら細胞呼吸を高める「4・4・8呼吸法」にトライした南果歩さん。その模様がコチラ!

 

次回は、細胞呼吸レッスン実習に臨む南果歩さんの様子を詳しくレポートします。
たった数回の呼吸法で血管年齢が1歳若返った!? どうぞお楽しみに!

撮影/萩庭桂太 スタイリスト/松本人美 ヘアメイク/国府田圭 構成・文/石丸久美子

 

 

 

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第104回/記憶力を高める歩き方とは?根来秀行医師に聞く…

次の記事>

次の記事>
第106回/現代人は呼吸のし過ぎ!?呼吸の回数が増えすぎると…/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・2」…

この連載の最新記事

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

第154回/歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

質のよい眠りには、スマホは夜9時まで!寝坊の限度は朝9時まで!/根来秀行教授の「自律神経を整える安眠講座⑤」

第153回/質のよい眠りには、スマホは夜9時まで!寝坊の限度は朝9時まで!/根来秀行教授の「自律神経を整える安眠講座⑤」

寝る直前のシャワーや歯磨きはNG!副交感神経を妨げます/根来秀行教授の「自律神経を整える安眠講座④」

第152回/寝る直前のシャワーや歯磨きはNG!副交感神経を妨げます/根来秀行教授の「自律神経を整える安眠講座④」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

脂肪とお腹が気になってきたら! これだけ! 5カ条プログラム

PR

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

【動画】身近な事からSDGsに貢献しませんか? 今、「つめかえ」が進化しています。

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

根来秀行根来秀行

今週の新着記事【ランキングトップ10】更年期、疲れがとれない、太る、眠れないなら「甲状腺」を疑って/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル