HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/208788/

女医が身内や友人からがんについて相談されたら?/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑦

素敵女医の皆さんは、がんという病気をどうとらえているのでしょう? いざというときに備えて日頃から考えていることを聞いてみました。

 

身内や友人から相談されたらどうする?

 

お話を聞いたのは…

日比野佐和子さん
Sawako Hibino
49歳 内科・皮膚科  Y’sサイエンスクリニック広尾

 

部位によって、その専門のトップの医師を紹介します

 

がんの部位によって、その専門でトップの先生に直接紹介するようにしています。まずはがんの進行度や状況について確認したのちに、がん研究の専門病院かセンターの各トップに相談・ご紹介します。女性の場合は、我々のクリニックと提携している婦人科系の腫瘍専門のウィメンズクリニックの先生に相談。画像診断も放射線科専門病院でいただくようにしています。

 

検査・治療はスムーズかつ早急に行うことが重要だと思っていますが、がんの治療法は、患者さん自身が選択するもの。セカンドオピニオンを含め、ほかのクリニックの紹介が必要な場合は患者さんが納得がいくよう、病院や医師を紹介します。

 

私自身は、がん組織のゲノム解析によるオーダーメイド治療がどんどん進化していて、保険診療で標準治療に取り入れる医療施設が徐々に増えていることに、とても注目しています。

 

 

イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

 

MyAge2019秋冬号 購入アイコン

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/夫を肺がんで亡くした女医が語る「民間療法」とは/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑥…

次の記事>

次の記事>
第8回/いい医師と病院の見分け方は?/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑧…

この連載の最新記事

【チェックリスト付き】近頃気になる口腔がん、どういうもの?/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑬

第13回/【チェックリスト付き】近頃気になる口腔がん、どういうもの?/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑬

がんは入院より自宅療養が長い時代。安心して治療に専念できる「がん保険」を/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑫

第12回/がんは入院より自宅療養が長い時代。安心して治療に専念できる「がん保険」を/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑫

「がん保険」で300万円はカバーできる仕組みを作っておきたい/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑪

第11回/「がん保険」で300万円はカバーできる仕組みを作っておきたい/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑪

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル