HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/223864/

コロナ禍のストレスでうつにならない為にするべきこととは?/根来秀行さん×名越康文さん「体年齢」向上プロジェクト対談編②

根来秀行

根来秀行

1967年、東京都生まれ。医師、医学博士。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

記事一覧を見る

コロナ時代、ステイホームの副作用であるうつの実態とは? メディア共演をきっかけに10年来親交を深めている、医師である名越康文さんと根来秀行さんの二人が語ります。

 

名越康文さん
Yasufumi Nakoshi

1960年生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など、さまざまな分野で活躍中。著書に『「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』(夜間飛行)、『生きるのが“ふっと”楽になる13のことば』(朝日新聞出版)、『精神科医が教える 良質読書』(かんき出版)など。夜間飛行よりメールマガジン「生きるための対話」、通信講座「名越式性格分類ゼミ(通信講座版)」配信中

 

 

うつには薬より運動のほうが効く!?

 

名越 コロナ禍でストレスを訴える人が増えたけど、ステイホームの副作用は大きかったですよ。「家にこもれ」って、精神的にはかなりキツいことやから。

 

根来 外出しなくなると運動量が減るから、夜になっても眠くなくて、スマホを見たり酒を飲んだり、つい夜更かしする。それが続くと体内時計が乱れてきて、自律神経とホルモンも機能低下し、内部環境がじわじわ悪化。体調も気持ちも不安定になって、1カ月もすればコロナうつに…。

 

名越 まさにそれがうつの実態。体と心はつながっているんです。

 

根来 でも、運動しないことの弊害がメンタルにまでくるって、知らない人が多いと思います。

 

名越 心の悩みを持ってるとね、精神は“高尚”になってくるんです。だから抑うつ的になっている人に、「朝起きて運動しなさい」と言っても、「運動!? 人生に悩んでるのに!!」ってなる。運動とか食事より薬物療法だろうと。

 

根来 わかります(笑)。日本の場合、皆保険ということもあって患者も医者も安易に薬に頼りがちだけど、安定剤や睡眠薬は体本来の修復力を阻害します。使い続けたら内部環境はどんどん劣悪になり、ますます眠れなくなって、確実に負のスパイラルに突入します。

 

名越 薬は対症療法にしかならないことも多いし、場合によっては状況を悪くすることもある。新型コロナでも、やみくもに検査やワクチンを求める声も高いけど、まずは情報を吟味して基本的な知識を身につけるべきだと思います。基本の知識があれば大きなストレスはかからず、危機的状況でも臨機応変に対応できて心を病むまでには至りにくいはずです。

 

 

 

参考書はコレ!

ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業病まないための細胞呼吸レッスン

根来秀行 著/集英社 1,300円

新型コロナ対策としても知っておきたい細胞の仕組みや、免疫力を高めて病まない心と体に導き、体の潜在能力を引き出すメソッドが満載。青山学院大学駅伝競走チームの選手や原晋監督も実践して、今年の箱根駅伝の優勝に貢献。全身の細胞に効く一冊です。

 

 

撮影/角守裕二 構成・原文/石丸久美子

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第111回/コロナ時代の免疫力強化、細胞呼吸レッスン/根来秀行さん×名越康文さん「体年齢」向上プロジェクト対談編①…

次の記事>

次の記事>
第113回/『鬼滅の刃』の呼吸法は、まさに細胞呼吸です!/根来秀行さん×名越康文さん「体年齢」向上プロジェクト対談編③…

この連載の最新記事

根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

第156回/根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

第155回/私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

第154回/歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル