HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/228595/

鼻歌で深い呼吸が身につく! /Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行

根来秀行

1967年、東京都生まれ。医師、医学博士。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

記事一覧を見る

根来 ご機嫌いかがですか、根来秀行です。前回のブレスホールドタイムテストで、ご自身の呼吸の状態をチェックしていただけましたか?

 

いし テストの結果、案の定、呼吸が浅くなっていることが発覚した、ぐうたらライターのいしまるこです。根来教授、今回は深い呼吸をするためのポイントを伝授していただけるんですよね。

 

根来 ハイ。ポイントは口呼吸ではなく鼻呼吸を意識することです。

 

いし 鼻呼吸!

Dr.negoro_ill

根来 鼻の穴は、口に比べて空気の出入り口が小さいですよね。当然、口呼吸のほうがラクに息ができるため、無自覚なまま口呼吸がクセになってしまうのです。

 

いし 確かに、口より鼻で息をするほうがキツイですね。

 

根来 けれどもそれも、実は鼻呼吸の強みなんです。

 

いし え、どういうことですか??

 

根来 鼻呼吸の適度な空気抵抗は、肺の肺胞をより多く拡張し、空気と血液が接触する面を大きくします。そのため、口呼吸に比べて酸素を肺の隅々に行き渡らせることができ、酸素吸収率が高くなるのです。

 

いし ほほぅ。

根来 また、鼻粘膜では肺の中の気道や血管を拡張させる一酸化窒素が作られ、酸素を取り込みやすくしています。

 

いし へぇ〜。

 

根来 そもそも、呼吸は鼻ですべきものです。鼻で息をすると、鼻毛や鼻腔粘膜がフィルターとなって異物を除去し、病原体の侵入を防いだり、吸気が加温・加湿され体の冷えを防ぐといったメリットがあります。口呼吸ではこうした天然のフィルターがないため、チリやほこり、花粉、PM2.5、ウィルス、細菌、カビなどがダイレクトに体内に侵入しやすいのです。

 

いし 口呼吸をしていると、新型コロナウィルスも侵入しやすいってことですね。

 

根来 そうです。最近では、鼻毛脱毛が流行っているようですが、これは鼻腔粘膜を傷つけ、病原体を自ら招いているのと同じ。絶対にやめてください。

 

いし 了解です!

 

根来 口呼吸を直すには鼻で歌うことをおすすめします。歌を歌うのはストレス解消にもってこいですが、歌を歌っている間は、口で息をすることになり、熱唱すればするほどに、息継ぎで口から激しく空気を吸い込むことに。そのため、歌手やカラオケの習慣がある人には口呼吸の人が多いのです。

 

鼻歌は鼻呼吸の習慣がつきやすくなり、腹式呼吸の訓練にもなって声の通りがよくなるため、ボイストレーニングとして広く取り入れられています。鼻歌を習慣づければ、鼻呼吸も身につき、歌も上手になって一石二鳥ですよ。

 

いし ふんふんふ〜ん♪ なんだか気持ちも軽やかになってきますね。

Dr.negoro_ill

根来 副交感神経が優位になって、緊張がゆるみ自然とリラックスしてくるので、ストレスによる細胞の酸化も防げ、細胞呼吸の現場であるミトコンドリアも元気になりますよ。

Dr.negoro_ill

いし 鼻で歌いまくります!

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

 

自分の呼吸の弱点がわかり、それを克服するためのメソッドもいっぱい!

 

 

ハーバード&ソルボンヌ大学Dr.根来の特別授病まないための細胞呼吸レッスン
根来秀行 本体1300円+税

 

(次回は『その疲れ、もしかして隠れ口呼吸? 』です。お楽しみに!)

 

撮影/角守裕二 取材・文/石丸久美子 イラスト/浅生ハルミン

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第114回/毎日実践!老廃物を一掃し、内部環境を改善するリンパ呼吸法とは?…

次の記事>

次の記事>
第116回/その疲れ、もしかして隠れ口呼吸?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

第156回/根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

第155回/私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

第154回/歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル