OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/231648/

素早く平常心に戻れる呼吸法教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。待望の新刊『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』が発売に! 前作『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部PKD Center Visiting Professor、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、信州大学特任教授、東京大学客員フェロー、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

根来 ご機嫌いかがですか? 根来秀行です。前回は基本的な4・8呼吸法をご紹介しましたが、マスターできましたか?

 

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。基本のヨンパチ呼吸法は、超簡単なので、のらくらないしまるこでもすぐにマスターできちゃいました。

 

根来 よかったです! では、今回は少しだけレベルアップして、二酸化炭素の過度な低下を防ぎ、適度な緊張感を保ちつつリラックスもできる「5・5・5呼吸法」をご紹介しましょう。呼吸の途中で息を止めることで、血中の二酸化炭素濃度を適切な値に近づけていきます。

 

二酸化炭素の過度な低下を防ぐ「5・5・5呼吸法」とは?

 

いし 二酸化炭素濃度が停滞すると、細胞呼吸が停滞するんでしたよね。第109回110回で学びました。

 

根来 そうですね。ポイントは、呼気、吸気と同じ時間だけ息を止めること。血中二酸化炭素の過度な低下を防ぎ、慢性的なストレスで呼吸が浅くなっている人の呼吸トレーニングとしても最適です。緊張しすぎて過呼吸になっていても、短時間で適度に脈拍や血圧を下げ、素早くクールダウンさせることができます。

 

いし みんながコロナうつ気味な今、即、実践したい呼吸法ですね。

 

根来 続けて行うことで深い呼吸が習慣づけば、自律神経のバランスだけでなく、トータルパワーもアップして、マイナス思考からも脱却できますよ。

How to 5・5・5呼吸法

 

根来先生 5・5・5呼吸法

【左から】
1
椅子でもあぐらでも自分がラクな姿勢で座り、ゆっくりと息を鼻から吐き切り、お腹をへこませる。

2
5秒間息を止める。

3
お腹をふくらませながら5秒で鼻から息を吸う。

4
5秒間息を止める。

5
おなかをへこませながら5秒でゆっくりと鼻から息を吐く。1〜5を5回繰り返す。

 

いし Go! Go! Go! で覚えやすいですね。

 

根来 そうなんですよ。ですから、パニックになりそうなほどの危機的状況でも実践しやすく、平常心を取り戻すのに大いに役立ちます。実際、2019年の箱根駅伝往路で青学チームが大きく劣勢となった後も、緊張を和らげるために復路の前にこの呼吸法にトライしてもらい、結果、復路は優勝し、全区間でも2位にまで巻き返すことができました。

 

いし あの感動のレースの舞台裏では、選手の皆さんが細胞呼吸を整えていたんですね!

 

あの青学駅伝チームも実践している細胞呼吸術がココに!

 

ハーバード&ソルボンヌ大学Dr.根来の特別授病まないための細胞呼吸レッスン
根来秀行 本体1300円+税

 

根来 5・5・5呼吸法は、アメリカの軍隊や警察の特殊部隊等で取り入れられている「tactical breathing(戦術的呼吸)」をアレンジしたもので、ノルアドレナリンの暴走を防ぎ、不安や興奮、恐怖をその場で抑える効果があります。上がりすぎた交感神経を適度に整えてくれるため、ほどよい緊張感を保ちながらリラックスもできるので、集中して積極的に打って出たいときにおすすめです。

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

 

(次回も、細胞呼吸を促すとっておきの呼吸法をご紹介してます。お楽しみに!)

 

撮影/角守裕二 取材・文/石丸久美子 イラスト/浅生ハルミン

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第117回/呼吸を深くするヨンパチ呼吸法とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第119回/パーフェクトな呼吸法で細胞呼吸を促進!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠指導をしたら東大生の休学が減った!/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説②

第131回/睡眠指導をしたら東大生の休学が減った!/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説②

病気の回復が遅い人は十分な睡眠がとれていない/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説①

第130回/病気の回復が遅い人は十分な睡眠がとれていない/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説①

免疫を上げるためには、どのような食事がいいの?/根来教授の特別講座⑨

第129回/免疫を上げるためには、どのような食事がいいの?/根来教授の特別講座⑨

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル