OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/231669/

ヘモグロビンのもと「ヘム鉄」を増やす!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。待望の新刊『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』が発売に! 前作『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部PKD Center Visiting Professor、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、信州大学特任教授、東京大学客員フェロー、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし 寒さ厳しい日々ですが、根来教授の細胞呼吸を促す3つの呼吸法でなんとかしのいでいる、ぐうたらライターのいしまるこです。はてさて、根来教授の「呼吸年齢を若く保つ」プロジェクトも今回で最終回になりますよ。

 

根来 こんにちは、根来秀行です。3回続けて呼吸法をご紹介してきましたが、最後は、食事のお話をしたいと思います。

 

いし わー、聞きたいです!

 

根来 ではここで、復習をかねてクイズです。
各細胞へ酸素を運んでくれるのは何でしょう?

 

いし ハイ!赤血球のヘモグロビンです。この連載の2回目に詳しく解説していただきました。

Dr.negoro 血液中のヘモグロビン

 

根来 そうですね。というわけで、赤血球のヘモグロビンを強化することも、細胞呼吸を促すことにつながります。

 

いし なるほどね。ヘモグロビンが不足する主な原因は?

 

鉄分不足は細胞呼吸の滞りにつながる!

 

根来 鉄分不足です。ヘモグロビンの構成要素である「ヘム」は鉄を含み、酸素と結びつく力が強く、全身に酸素を行き渡らせる重要な役割を担っています。鉄分が不足すると「鉄欠乏性貧血」になりますが、これはヘモグロビンの産生が低下してしまうことが原因です。そして、それは細胞呼吸の滞りを招きます。

 

いし 鉄不足で貧血になるのは知っていたけど、それが細胞呼吸の滞りにつながるとは!

 

根来 そうなんですよ。貧血になるとめまいや立ちくらみがするのは、鉄不足で脳細胞が酸欠状態に陥っている状態なのです。

 

いし そうだったんですねー。

 

根来 鉄分は汗と一緒に流れ出てしまうので、特に夏は水分・塩分の補給だけでなく、鉄分の補給も重要です。貧血によって夏バテに似た症状が出ている場合もあります。

 

いし 夏バテだと思っていたら貧血だったってことがあるわけですね。

 

根来 そういうことです。特に女性は月経や婦人科系の病気で貧血になる人が多く、女性の3人に1人は貧血といわれています。月経がある女性では毎月20〜30mgの鉄分を失っており、補わなければ減っていく一方です。

 

いし 検診で引っかかっていなければ大丈夫でしょ?

 

根来 それがそうでもなくて、会社や自治体の検診で「貧血なし」と診断されても安心できないんです。

 

いし えーっ、どうして?

 

検診では「隠れ貧血」が見逃されている危険性が?

 

根来 一般的な貧血の検査は、血液検査で血中のヘモグロビン濃度を調べるのみですが、この検査だけでは鉄欠乏がかなり進んだ段階でないと貧血と診断されません。そのため、「隠れ貧血」がかなりの確率で見落とされていると考えられます。

 

いし では隠れ貧血かどうかは、どうしたらわかるの?

 

根来 隠れ貧血を調べるには、肝臓や脾臓に蓄えられている体内の貯臓鉄の量を調べる必要があります。血液検査で「血清フェリチン」の値を調べて判断しますが、「貧血が心配なので血清フェリチンの検査をしたい」といえば、保険適用で調べてもらえます。

 

いし 気になる人は調べたらいいですね。鉄不足を解消するために自分でできることといえば、やはり食事ですよね?

 

根来 はい、鉄不足はまず食事で補うのが基本です。「ヘム鉄」は肉や魚など動物性食品に含まれているので、積極的に食事に取り入れましょう。

Dr.negoro_ill
ヘム鉄を多く含む食材

豚・鶏・牛のレバー、牛ヒレ肉、豚もも肉、イワシ、鮭、マグロ、カキ、アサリなど

 

根来 鉄分には植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」もあります。ヘム鉄ほど体内の吸収率は高くありませんが、良質なタンパク質やビタミンCを多く含む食品と一緒にとることで、吸収率がアップします。また、ビタミンB12やB6、葉酸を多く含む食材は赤血球の生成に必要です。

 

いし いろいろな食品を組み合わせて、バランスのよい食事を心掛けることが、鉄を効果的に吸収することにつながるわけですね。

 

根来 食前食後に、緑茶やコーヒー、紅茶などタンニンを含む飲み物を飲むと、非ヘム鉄が吸収されづらくなるので、食後1時間ほどしてから飲むか、麦茶やハーブティー、ルイボスティーなどがおすすめです。玄米や豆類の皮に含まれるフィチン酸も非ヘム鉄の吸収を妨げるので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

いし 貧血が進んで食事で間に合わない場合は、鉄剤を処方されますが、気持ち悪くなるという人も多いみたいなんですけど。

 

根来 そうですね。その場合は、処方薬より高くなりますが、サプリでヘム鉄をとるのもいいでしょう。ビタミンCと一緒にとると吸収率が上がります。

 

いし 合わせ技ですね!

 

根来 さて、呼吸年齢を若く保つプロジェクトは、いったん終了です。レッスンでお伝えしたことを少しでも実践していただいて、コロナもこの冬も上手に乗り切ってくださいね。

 

それでは皆さん、細胞呼吸を促し、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

免疫の砦となる腸内環境も細胞呼吸が左右します!

 

 

ハーバード&ソルボンヌ大学Dr.根来の特別授病まないための細胞呼吸レッスン
根来秀行 本体1300円+税

 

撮影/角守裕二 取材・文/石丸久美子 イラスト/浅生ハルミン

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第119回/パーフェクトな呼吸法で細胞呼吸を促進!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第121回/「新型コロナも風邪」だから実はそんなに心配ないの?ハーバード大の感染流行の予測は/根来教授の特別講座①…

この連載の最新記事

大リーガーがメンタル強化に使う「5・5・5呼吸法」/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説③

第132回/大リーガーがメンタル強化に使う「5・5・5呼吸法」/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説③

睡眠指導をしたら東大生の休学が減った!/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説②

第131回/睡眠指導をしたら東大生の休学が減った!/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説②

病気の回復が遅い人は十分な睡眠がとれていない/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説①

第130回/病気の回復が遅い人は十分な睡眠がとれていない/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説①

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル