HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/232055/

過活動膀胱は膀胱にうまく尿をためられず、排尿の不調が現れる病気です/教えてDr.!第9回

ちょっと気になる病気 教えてDr.! 過活動膀胱

私がお答えします!
女性医療クリニックLUNA
ネクストステージ 院長
中村綾子さん Ryoko Nakamura

中村綾子さん 日本泌尿器科学会専門医、キレーション治療認定医

日本泌尿器科学会専門医、キレーション治療認定医。女性にとっては受診しにくい、泌尿器科の不調に寄り添う治療に定評がある

 

クリップボード

相談

以前よりもトイレが近くなりました。特に台所に立って、水の音を聞くと尿意を催し、我慢できなくなります。

 

答え

考えられる病気はいくつかありますが、過活動膀胱という病気の可能性があります。泌尿器科の医師に相談を!

過活動膀胱とは?
膀胱にうまく尿をためられず、
排尿の不調が現れる病気です。

 

最近、急に排尿の回数が増えた、我慢できないような尿意が突然起こる…そんな症状に悩まされている女性は少なくありません。何らかの原因で膀胱のコントロールがうまくいかず、排尿のトラブルが起こる「過活動膀胱」かもしれません。

 

40歳以上の女性のおよそ8人に1人が症状をもつというデータもあり、特に50歳以上に多く見られます。

 

そのおもな症状は、①我慢できないような強い尿意が突然起こる「尿意切迫感」、②尿意とともに、思わず尿をもらしてしまう「切迫性尿失禁」、③日中の排尿回数が多い(目安は1日8回以上)「昼間頻尿(ちゅうかんひんにょう)」、④夜の就寝時に尿意を感じて、睡眠中に一回以上トイレに起きる「夜間頻尿」です。

 

症状には個人差が大きく、排尿回数が増えた程度の人もいれば、我慢できずに尿失禁を起こすケースも。もれる量も小さじ1杯くらいから、多い場合は一度に100㏄ももれることも。

 

こうなるとQOL(生活の質)がぐっと落ちてしまいます。よく聞く訴えは、仕事や家事に集中できない、友人との外出や旅行が楽しめない、人前に出るのがおっくうになる、夜眠れず昼間眠い、などです。

 

原因としては加齢、肥満、生活習慣病、骨盤底筋の緩みなどが考えられ、放っておいて自然に治るものではなく、どんどん症状が進行していきます。

 

特に女性の場合は「恥ずかしい」と受診を躊躇しがちですが、我慢せずに早い段階で泌尿器科の医師に相談するのがいいでしょう。

 

 

過活動膀胱メインイラスト

 

医療機関を受診すると、問診をはじめ、尿検査、腹部エコー、内診などで診断します。間違えられやすい病気に、膀胱炎、膀胱がん、尿路結石、心因性頻尿、薬剤の副作用などがあります。

 

治療は、膀胱の異常な収縮を抑える薬や、膀胱の容量を増やす薬に加え、生活習慣の改善、排尿に関係する骨盤底筋を鍛える運動などの「行動療法」が併用されるのが一般的。

 

薬で改善しない場合には「ボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法」を行うことも。これはボツリヌストキシンという天然のタンパク質を有効成分とする注射薬を膀胱内に直接注射して、膀胱の異常な収縮を抑えるもの。世界90カ国以上で認可されており、日本でも20年4月から保険適用になりました。

 

患者さん自身も、排尿量を増やすカフェインやビタミンC、辛いものなどの刺激物の摂取を控え、体を冷やさないこと、禁煙、肥満の解消を心がけることが大切です。

 

 

まとめロゴ

自分で行う対策

  • ●排尿を我慢する訓練や、排尿に関係する骨盤底筋を鍛えるトレーニング。
  • ●尿量を増やすカフェイン、ビタミンCや刺激物の摂取を控える。

 

病院で行う治療法

  • ●薬物療法、行動療法、ボツリヌス療法、電気刺激療法、磁気刺激療法など。

 

 

イラスト/macco 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第8回/パニック症とは「究極の不安症」。発作の恐怖感から引きこもりになることも。/教えてDr.!第8回…

次の記事>

次の記事>
第10回/咳喘息は放っておくと気管支喘息に発展する可能性も!/教えてDr.!第10回…

この連載の最新記事

気象の変化で頭痛、だるさ、めまい、動悸などの症状が! 気象病について久手堅 司医師が解説

第18回/気象の変化で頭痛、だるさ、めまい、動悸などの症状が! 気象病について久手堅 司医師が解説

「肺非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」は慢性の肺疾患。風呂や土など身近にいる菌で起こります

第17回/「肺非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」は慢性の肺疾患。風呂や土など身近にいる菌で起こります

「突発性難聴」は突然片方の耳が聞こえにくくなる病気。症状と原因、注意点は?

第16回/「突発性難聴」は突然片方の耳が聞こえにくくなる病気。症状と原因、注意点は?

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

脂肪とお腹が気になってきたら! これだけ! 5カ条プログラム

PR

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

【動画】身近な事からSDGsに貢献しませんか? 今、「つめかえ」が進化しています。

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

根来秀行根来秀行

今週の新着記事【ランキングトップ10】更年期、疲れがとれない、太る、眠れないなら「甲状腺」を疑って/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル