OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/251221/

寒い診察室。女医の86%が夏に冷えを感じている!/女医の夏冷え&むくみ対策①

今年も体が冷える夏がやってきました! 熱中症予防のためには冷房は必須ですが、体を冷やして体調をくずしてしまう人も多いので、注意が必要です。素敵女医の皆さんは毎年どのような対策をとっているのでしょう?

 

冷え

夏でも冷えを感じるアンケート結果

夏でも冷えを感じると答えた人は、全体の86%。「若い頃はそうでもなかったが、加齢とともに冷えてきた」という人も

 

むくみ

夏にむくみを感じるアンケート結果

夏にむくみを感じる人は、冷えを感じる人より高い割合になりました。長時間座って診察する仕事だけに、脚のむくみが深刻!

 

 

医師の職場ならではの冷える理由も

昨今、「冷え」や冷えからくる「むくみ」は寒い時期の不調にあらず! むしろ冷房を使う夏にこそ冷えがたまるといわれます。女医の皆さんも、86%が冷えを、90%がむくみを感じていました。

 

「夏も生足ではなく、必ずストッキングをはきます。飲み物は常温かホット。冷えた日は辛いものを食べます。また、湯船に20分ほどつかるようにしています」(あきこクリニック・田中亜希子先生)

素敵女医の夏冷え&むくみ対策イメージイラスト

「総合病院の外来で診察する際は、個室で冷房が効いているので、小まめに立ち上がり、院内を歩いて血行を促しています。また、手術室は20℃以下にしないと術者が暑くなるため、通年冷房を入れていて寒いんです。スタッフには防寒を徹底してもらっています」(表参道内科眼科・宮澤優美子先生)

 

ほかにも対策として「上着を常備する」「ストールで首元を暖める」などの回答がありました。

 

 

巻き物
外出時には、薄手のカーディガンを必ず持参

「夏は特に手足の冷えを感じるので、冷たいものは飲まないようにしています。外出時には薄手のカーディガンかショールを必ず持参。また、冷え対策としてピラティス、ウォーキング、入浴後のストレッチを習慣にしています」と髙瀬聡子先生。

カーディガンを羽織る髙瀬聡子先生

また、むくみに関しては顔のリンパマッサージと膝窩(膝の後ろのくぼんだ部分)のマッサージも。

 

「前の日に水分をとりすぎると顔が、立ち時間が長いと脚がむくみます。むくみ予防にもマッサージは有効です」

 

皮膚科・美容皮膚科 ウォブクリニック中目黒 髙瀬聡子さん

髙瀬聡子さん Akiko Takase

51歳 皮膚科・美容皮膚科 ウォブクリニック中目黒

 

What's S-Joy? 吹き出しイラスト

S-Joyとは、素敵女医(SUTEKI JOI)からのネーミング。Over-45のOurAge世代で、若々しくイキイキと輝いている女性医師に、ずっと美しく健康で過ごす秘訣を伝授してもらうシリーズです。

 

美容皮膚科、婦人科、歯科、形成外科など、幅広い科の先生方の専門知識を生かしたアドバイスや、ご本人が実践していることをお伝えします。

83人の素敵女医データ

 

 

イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/女医3人のおすすめ!夏冷えを乗り越える食ベ物事やサプリ/女医の夏冷え&むくみ対策②…

この連載の最新記事

歯科医 丹羽祐子先生「お灸で気の巡りを改善します」/女医の夏冷え&むくみ対策⑬

第13回/歯科医 丹羽祐子先生「お灸で気の巡りを改善します」/女医の夏冷え&むくみ対策⑬

産婦人科・美容皮膚科医 土屋眞弓先生「冷えのタイプに合わせて漢方薬を飲み分けます」/女医の夏冷え&むくみ対策⑫

第12回/産婦人科・美容皮膚科医 土屋眞弓先生「冷えのタイプに合わせて漢方薬を飲み分けます」/女医の夏冷え&むくみ対策⑫

津田攝子先生が解説<2>顔のむくみ対策には湯船で「津田式静脈マッサージ」を/女医の夏冷え&むくみ対策⑪

第11回/津田攝子先生が解説<2>顔のむくみ対策には湯船で「津田式静脈マッサージ」を/女医の夏冷え&むくみ対策⑪

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル