OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/251436/

飛田砂織先生が解説<2>むくみ対策には筋肉も必要。エクササイズを/女医の夏冷え&むくみ対策⑦

むくみはなぜ起こるのでしょう?  また、予防するには? むくみ対策に効果的な食品と、軽いストレッチ方法を飛田砂織先生に教えていただきました。

 

タンパク質をしっかり取ることと適度な運動は、むくみの改善につながります

「むくみは、血管の外に漏れた水分が皮下組織などにたまって発生します。その原因は、血流が滞ったり、血管から水分がにじみ出やすい状態になること。水分を引き込む塩分やアルコールを控え、反対に血液を血管の中にとどめておくために必要なタンパク質をしっかりとることが大切です。

 

そして水分を足先から心臓に向かって押し出すには、適度に筋肉がついたしなやかな体も必要です。ぜひ軽い筋トレやストレッチを毎日の習慣にしましょう」

 

血管を健康に保つために大切なタンパク質

むくみ対策には、血管を健康に保つために大切なタンパク質、水分の排泄に役立つカリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルもしっかりと。

 

「具体的には赤身の肉を少し、マグロやイワシなどの魚、卵などから良質なタンパク質を。大豆やほうれん草、果物なども食べるようにしています」

 

 

毎日の習慣にしたい軽いストレッチ

よつばいになり、片膝を曲げ、お腹に抱えるようにホールド

よつばいになり、片膝を曲げ、お腹に抱えるようにホールド。

 

体と同じ高さまでゆっくり片脚を上げ5秒キープ

体と同じ高さまでゆっくり片脚を上げ5秒キープ。背中・お尻・お腹の筋肉を鍛え、代謝を上げ、お尻の形も整えてくれます。左右交互に5~10回。

 

両足で立ち、片足を後ろに蹴り上げて元の位置に戻します

両足で立ち、片足を後ろに蹴り上げて元の位置に戻します。左右交互に10回ずつ。

 

美容皮膚科・抗加齢医学 クリニックシュアー銀座 飛田砂織さん

飛田砂織さん Saori Tobita

51歳 美容皮膚科・抗加齢医学 クリニックシュアー銀座

 

 

撮影/森山竜男 イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第6回/飛田砂織先生が解説<1>血行改善にはタンパク質やビタミンB群が必要/女医の夏冷え&むくみ対策⑥…

次の記事>

次の記事>
第8回/女医の冷え&むくみ対策は、1位マッサージ、2位ストレッチ/女医の夏冷え&むくみ対策⑧…

この連載の最新記事

歯科医 丹羽祐子先生「お灸で気の巡りを改善します」/女医の夏冷え&むくみ対策⑬

第13回/歯科医 丹羽祐子先生「お灸で気の巡りを改善します」/女医の夏冷え&むくみ対策⑬

産婦人科・美容皮膚科医 土屋眞弓先生「冷えのタイプに合わせて漢方薬を飲み分けます」/女医の夏冷え&むくみ対策⑫

第12回/産婦人科・美容皮膚科医 土屋眞弓先生「冷えのタイプに合わせて漢方薬を飲み分けます」/女医の夏冷え&むくみ対策⑫

津田攝子先生が解説<2>顔のむくみ対策には湯船で「津田式静脈マッサージ」を/女医の夏冷え&むくみ対策⑪

第11回/津田攝子先生が解説<2>顔のむくみ対策には湯船で「津田式静脈マッサージ」を/女医の夏冷え&むくみ対策⑪

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル