HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/255759/

睡眠指導をしたら東大生の休学が減った!/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説②

根来秀行

根来秀行

1967年、東京都生まれ。医師、医学博士。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

記事一覧を見る

ハーバード大学医学部客員教・授根来秀行さんが、いつ頃から睡眠と心の関係に注目していたのかについて連載担当Dr.根来番のぐうたらライター・いしまるこがインタビューします。

 

前回のインタビューは下のリンクをご参照ください。

 

【特集】ハーバード大学Dr.根来の体内向上プロジェクト

 

睡眠指導で東大生の休学が減った!

いし 睡眠と心の関係には、いつ頃から注目していたんですか?

 

根来 2000年に大学院を卒業して、3年後に東大の講師になった頃ですね。東京大学医学部の第二内科、腎臓・内分泌内科、保健センター、東京大学大学院新領域創成科学研究科と、全部兼任したんです。

 

いし 任されまくりですね〜。

 

根来 新領域創成科学研究科は、いろんな学部の最先端の人が集まって新領域を作るというできたてホヤホヤのキャンパスで、宇宙線研究所とかいろいろあったんですよ。そこを軸に職員や学生の健康を守り、パフォーマンスを上げるための保健センターを立ち上げるというので、責任者を任されました。

 

いし 病気未満の人が対象ですね。そこではどんなことが見えてきました?

 

根来 目立ったのは、睡眠が乱れてくると、そのうち体調が悪くなったり、病気になるというパターン。学生では、季節性のうつ病になって休学する人が多かったのですが、典型的だったのは、いわゆる五月病になる生徒たちです。

 

当時は「自律神経失調症」と診断され、「気の持ちよう」と片づけられていました。だけど、僕は間違いなく睡眠との因果関係があると思っていて。というのも、長い休みの間、昼までだらだら寝てしまって、夜に眠れなくなるというパターンが非常に多かったんですよ。

連休中のだら寝で東大生も五月病に…

 

いし 東大生に親近感が湧くなあ。

 

根来 学生たちの生活スタイルを咀嚼(そしゃく)し、早寝して決まった時間に早起きする、7時間睡眠を確保するといった生活指導を行い、メンタルで脱落する生徒をずいぶん減らすことができました。

 

いし 今ほど「予防医学」が注目されていなかった時代に、さすがです。

 

根来 近年ハーバード大学医学部では、自分の行動や生活習慣を変えることで、より健康な体を自分自身でつくっていくという「ビヘイビア・ヘルス」に取り組んでいますが、その考え方は医師としての僕の原点に重なるんです。

 

 

連休中のだら寝で東大生も五月病に…

東大生が五月病に陥る背景に、連休中の不規則な生活による体内時計の乱れがあると推測。弁当箱ほどの大きさのホルター心電図計を24時間装着させ、心臓の1拍1拍を全部計算して自律神経の状態を調べるという、気の遠くなるような作業をしていたそう。今ならコンピューターのデバイスで一目瞭然。

 

根来秀行さん 医学博士 皆さん今日も素敵な一日を!

 

 

根来秀行さん 医学博士 いしまるこ ライター

根来秀行さん
Hideyuki Negoro

1967年生まれ。医師、医学博士。ハーバード大学医学部PKD Center Visiting Professor、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授、社会情報大学理事。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など。最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。本連載から生まれた『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』(ともに集英社)が好評発売中

 

いしまるこ

いつまででも寝ていたいぐうたらライター。寝つきが悪く、つい夜更かしして、朝からどんよりしがち

 

 

撮影/角守裕二 イラスト/浅生ハルミン 取材・原文/石丸久美子

※次回は、睡眠の質が低下した大リーガーの自律神経を整えた呼吸法について、根来先生にお伺いします。

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第130回/病気の回復が遅い人は十分な睡眠がとれていない/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説①…

次の記事>

次の記事>
第132回/大リーガーがメンタル強化に使う「5・5・5呼吸法」/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説③…

この連載の最新記事

根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

第156回/根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

第155回/私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

第154回/歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル