HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/275484/

根来秀行教授が「コロナ治療薬のメカニズム」を解明。論文が英医学誌に掲載

根来秀行

根来秀行

1967年、東京都生まれ。医師、医学博士。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

記事一覧を見る

祝 国際医学誌に論文が掲載! コロナ治療薬のメカニズムを解明

 

根来教授が新型コロナに対する新しいメカニズムをつきとめ、それに関する論文が世界的権威ある英医学誌『Expert Review of Anti-Infective Therapy』一月号に掲載されました。国内外でトップニュースとなり、話題になっています。

 

論文の柱は、新型コロナウイルス重症化に関与するサイトカイン「インターロイキン6」抑制の可能性があるメカニズムと、新型コロナウイルス増殖の鍵となる「G4」という構造体を抑えるメカニズムの発見です。

 

世界の名だたる感染症の専門家たちによる審査を全員一致で通過して、スペシャルレポートとして掲載されました。

 

すでに、このメカニズムをもとにした薬の治験も始まっており、飲み薬タイプの治療薬の決め手として、実現が期待されています。

祝 国際医学誌に論文が掲載! コロナ治療薬のメカニズムを解明

 

いし 根来教授、このたびはおめでとうございます!

 

根来 ありがとうございます。新型コロナのように急を要する感染症の場合、既存の薬、成分やメカニズムを応用してウイルスを倒せないか、重症化を防げないか模索します。

 

僕のソルボンヌ大学医学部とハーバード大学医学部の研究室でも、2020年の流行当初から新型コロナウイルスの生体内での動態を探りつつ、薬となりえる成分やメカニズムの模索を行ってきました。

 

そして、これまでのミトコンドリアやテロメア、毛細血管関連の研究を応用することで効果が期待されるメカニズムを発見し、その成分を含んだ安全性の高い薬に結び付けることに成功しました。

 

いし すごーい! ミトコンドリア内で酸素と栄養素を使ってエネルギーを生み出す「細胞呼吸」のメカニズムを応用した薬だと聞いていますが。

 

根来 はい。細胞へ酸素を運ぶのは赤血球のヘモグロビンで、ヘモグロビンの元である「ヘム」は、ミトコンドリアの中や周辺で作られます。このヘム合成系がウイルス制御に関係していることがわかってきました。

 

いし まさに細胞呼吸の現場だ!

 

根来 ミトコンドリアでヘムが作られる前段階で「ポルフィリン」という物質ができるんですけど、これが新型コロナウイルスの増殖の鍵になる「G4」という構造体を抑えることが、これまでの僕の研究室での研究成果を応用することでわかってきました。

 

このG4という物質は、染色体の末端にあるテロメアの中にも存在してその安定化に関わっていることが分かっていたので、ずいぶん前から着目していました。

 

今回はそうした研究をもとに、ヘムができるところを加速させてポルフィリンをたくさん作って、ウイルスをブロックする方法を考えついたんです。

 

いし ほー!

 

根来 またヘムをたくさん作ると、炎症を抑えてくれる物質(HO-1)が誘導されます。この物質は、サイトカインを抑制することでサイトカインストームを抑え、重症化を防ぐことも期待されます。

 

いし ほほー!

 

根来 ヘムができるプロセスにはいろいろな物質ができます。そのプロセスの上流で発生する物質に着目し、それらのうち、安定していて人にとって安全な成分を組み合わせて投与することで、ポルフィリンやヘム合成を活性化することが出来ます。

 

これらのメカニズムが世界的に認められて、今回、国際的な論文掲載に至りました。実際、国内外で治験も始まっていて、良いデータも集まりつつあります。更なる研究も進行しているので、また皆さんに良い成果をお伝えできると思います。

 

いし わー、期待しています!  この連載でも何度も伺いましたが、細胞呼吸ってスゴイですね。

 

根来 その素晴らしいメカニズムの基本は、皆さんの体の中にあります。

 

ワクチンの安全性は証明されておらず、特効薬もない現状で、感染や重症化予防に最も役立つのは免疫です。そもそも細胞呼吸を促す生活習慣を身につければ、免疫機能が高まり、新型コロナをはじめ、さまざまな病気から体を守ることにつながります。

 

具体的なメソッドは、拙著『病まないための細胞呼吸レッスン』に詳しいので、ぜひ参考にしてください。

 


脳も体も、すべての不調は細胞の酸欠部位で起きている!

 

『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』

根来秀行 著/集英社

1,430円

呼吸法、食事、睡眠、運動など、細胞レベルで元気になれる簡単で効果抜群の生活術が満載

 

■詳細はこちら

 

根来秀行先生

根来秀行さん
Hideyuki Negoro

ハーバード大学医学部客員教授、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など。『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』 『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(ともに集英社)など著書多数

 

いしまるこ

隙あらば怠けたいぐうたらライター。なぜか超多忙な根来秀行ドクターの連載や書籍を担当。

 

 

撮影/角守裕二 イラスト/浅生ハルミン 構成・原文/石丸久美子

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第142回/免疫機能が低下する生活習慣のチェックリスト/根来秀行教授「コロナに負けない免疫の鍛え方<2>」…

次の記事>

次の記事>
第144回/コロナ禍でこそ追求したい「根来式アナログライフ」/根来秀行教授「コロナに負けない免疫の鍛え方<3>」…

この連載の最新記事

根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

第156回/根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

第155回/私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

第154回/歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル