OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

生活の中でもながら「恥骨のタックイン」を実践しよう

鈴木登士彦さん

鈴木登士彦さん

1962年生まれ。せたがや手技均整院院長。NESTA公認トレーナー。骨格矯正、食事栄養療法、運動療法を組み合わせた「自然手技療法」を創始し、25年間でのべ10万人以上のクライアントの健康を担う。政財界関係者、 プロスポーツ選手、芸能人などクライアントは多岐にわたる。著書に『「ひざの痛み」に7つのゆらゆら体操』(三笠書房)など

MyAge/OurAge世代の多くの人が抱えている体の悩みの"腰痛"の根本原因にあるのが、実は"肛門力"の衰えです。これを強化すれば腰痛も改善!

 

 

生活の中でも ながら「恥骨タックイン」

恥骨タックインは、普段の生活の中のさまざまなシーンで"ながら"で実践することが可能。つねに恥骨タックインを意識して行っていれば、何気ない動作のときに、ぎっくり腰になるといったトラブルを防ぐこともできます。いつでも行う癖をつけましょう。

 

 

●洗顔のとき

片足を前に出し、両膝を曲げて恥骨をタックインして洗顔

洗顔のときは片足を少し前に出し、両膝を軽く曲げて恥骨をタックインし、肛門を締めて行いましょう。朝は筋肉が硬くなっていて腰痛が起きやすい時間帯ですが、この体勢で洗顔すれば腰への負担が減り、腰痛予防に。

 

肛門を引き上げるように締める

恥骨をタックイン

膝を軽く曲げる

片足を前に出す

 

 

 

●立ち上がるとき

肛門を引き上げるようにするのがポイントです!

椅子から立ち上がるときは、まずお腹を締めて恥骨をタックインし、肛門を締めたまま、腰を反らさずに立ち上がりましょう。この立ち上がり方なら腰への負担がかかりません。

恥骨をタックイン

肛門を引き上げるように締める

 

恥骨をタックインしたまま

腰を反らさない

肛門を締めたまま

 

 

 

NG 腰が反ると腰痛に

立ち上がるときに腰を反らせる人が多いのですが、これだとお腹の力が抜け、腰に負担がかかるのでNG。腰を反らさずに立って

<前の記事

<前の記事
第3回/日常的に肛門力を鍛える「恥骨のタックイン」のやり方は?…

次の記事>

次の記事>
第5回/「スリーピングマッスル」を鍛えて、さらに肛門力を強化しよう…

この連載の最新記事

夜遅くの食事がぎっくり腰の原因になる!? 

第6回/夜遅くの食事がぎっくり腰の原因になる!? 

「スリーピングマッスル」を鍛えて、さらに肛門力を強化しよう

第5回/「スリーピングマッスル」を鍛えて、さらに肛門力を強化しよう

生活の中でもながら「恥骨のタックイン」を実践しよう

第4回/生活の中でもながら「恥骨のタックイン」を実践しよう

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル