HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/267185/

あなたの余分な脂肪や不調の原因は肋骨のずれにあった?/森拓郎さんが解説(前)

そんなに太っていないのにくびれがない。お腹がたる~ん。これは肋骨に問題がある可能性大。肋骨を正しく整える「リブトレ」で、くびれのあるすっきりお腹に!

 

お話を伺ったのは

森 拓郎さん

森 拓郎さん
Takuro Mori

運動指導者、フィットネストレーナー、ピラティス指導者。大手フィットネスクラブを経て、2009年に自身のスタジオ「rinato」をオープンし、ボディメイクやダイエットを指導。ボディラインを重視した、きめ細かい指導が人気で、モデルや女優からの信頼も厚い。著書に『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』(ダイヤモンド社)など

 

ほとんどの人の肋骨は、位置がずれている

「くびれを作ろうと筋トレをしているのに、なぜかあまり効果が得られないという場合、まず肋骨を改造するべきです」と話すのが、運動指導者の森拓郎さん。

 

森さんによると、ほとんどの女性は、肋骨の位置がずれているとか。

 

「肋骨と肋骨の間には隙間があり、そこに筋肉がついていて、呼吸をするたびに筋肉が動き、肋骨も自然に動きます。でも、普段から反り腰姿勢だったり、骨盤を倒してお腹をつぶして座り続けるといった習慣によって、筋肉が無理な方向に引っ張られたり縮こまったりすると、肋骨は正しい位置からすぐにずれてしまいます。普段の悪い姿勢によって肋骨はずれやすいのです」

ほとんどの人の肋骨は、位置がずれている

クロップタンク¥7,500・パンツ¥14,200/ルルレモン

 

 

肋骨がずれていると上半身全体にトラブルが!

肋骨がずれると上半身にさまざまなトラブルが発生。

 

「女性に多いのが肋骨が後ろに傾いた反り腰姿勢。これだと肋骨下部が前に出て開くので、腹筋が伸びて使われにくくなり脂肪がたまります。逆に猫背姿勢だと肋骨が前に傾いてお腹が縮みますが、これも腹筋が使われにくくなり、お腹に脂肪がたまる原因に。

 

どちらの場合も肋骨の動きは悪くなるので肩甲骨も動きにくくなり、背中にも贅肉がつきます。肋骨の動きが悪くて固まっていると呼吸のための筋肉が正常に動けず呼吸が浅くなるので、体が緊張状態のままになってしまいます」

 

 

肋骨の構造

肋骨の構造

肋骨は上半身の要。背骨のうちの12個から左右に12対の肋骨がついています。心臓と肺を守るための重要な入れ物でかごのような形をしていて、肋骨と肋骨の間は筋肉がつないでいます。

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 モデル/殿柿佳奈 スタイリスト/鈴木由里香 イラスト/内藤しなこ 取材・原文/和田美穂

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/肋骨の理想的な状態を指す「串団子」ってどんな姿勢?/森拓郎さんが解説(中)…

この連載の最新記事

くびれを出す「膝立ち腹筋」ローテーション/森拓郎さん4週間リブトレ<第4週>

第9回/くびれを出す「膝立ち腹筋」ローテーション/森拓郎さん4週間リブトレ<第4週>

整えた肋骨をキープするための筋肉強化「背中反らし」/森拓郎さん4週間リブトレ<第3週>

第8回/整えた肋骨をキープするための筋肉強化「背中反らし」/森拓郎さん4週間リブトレ<第3週>

肋骨のゆがみを改善する「背中スライド」エクササイズ/森拓郎さん4週間リブトレ<第2週>

第7回/肋骨のゆがみを改善する「背中スライド」エクササイズ/森拓郎さん4週間リブトレ<第2週>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル