HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/283147/

足組み、バッグを持つ・かけるを左右均等にすべき理由/生活習慣で姿勢を改善<3>

足を組むときやバッグを持つとき、利き手だけ使っていませんか? 体のバランスを崩さないために心がけておきたい行動をご紹介します。

 

左右均等を心がける

「誰にでも利き手があり、内臓の配置も左右均等ではないので、姿勢も左右が非対称なのは当たり前のことです。

 

しかし、バッグを持つときや足を組むとき、いつも同じ側だけだと、さらに左右の歪みを助長させます」。

 

誰にでも得意な側があるものですが、できるかぎり均等を心がけて。

●足を組むときは左右交互に

足を組むときは左右交互に

いつも同じ側を上にして足を組んでいると、骨盤や背骨が歪んでいきます。するとねじれが入った猫背や巻き肩になるので要注意。交互に均等に組み替えて

 

●バッグは左右で持ち替える

バッグは左右で持ち替える

いつも同じ側で持っていると、肩の高さに左右差が出てしまいます。特にショルダーバッグは逆だとかけにくいものですが、できるかぎり実践しましょう

 

姿勢の改善は生活習慣から

姿勢を改善するためには、まずは毎日の生活習慣の見直しから!

 

「ポイントは体にかかる“ストレスを上手に逃していく”こと。そして、少しずつ“よい姿勢の時間を長くする”ことです。こうすることで、体がこり固まるのを防ぎ、背筋を鍛えることができます」(山口正貴さん)。

 

この毎日の小さな積み重ねが大きな差に!

 

 

教えていただいたのは

山口正貴さん 理学療法士

山口正貴さん
Masataka Yamaguchi

1980年生まれ。東京大学医学部附属病院リハビリテーション部 理学療法士。2016年の研究論文で日本理学療法士学会の第8回優秀論文表彰で優秀賞を受賞。著書に『背骨の医学』(さくら舎)、『「ねたままストレッチ」で腰痛は治る!』(集英社)など

 

■『「ねたままストレッチ」で腰痛は治る!』の詳細はこちら

 

 

撮影/高山浩数 イラスト/おおさかあゆみ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

PR
<前の記事

<前の記事
第5回/ヒール靴の日のこまめな屈伸が姿勢改善につながる理由/生活習慣で姿勢を改善<2>…

次の記事>

次の記事>
第7回/合わない椅子や枕で姿勢は悪化! 簡単な微調整の方法は?/生活習慣で姿勢を改善<4>…

この連載の最新記事

編集スタッフが姿勢改善に挑戦! AI姿勢分析の検証結果は?/猫背・巻き肩・カメ首解消エクササイズ<5>

第13回/編集スタッフが姿勢改善に挑戦! AI姿勢分析の検証結果は?/猫背・巻き肩・カメ首解消エクササイズ<5>

胸鎖乳突筋ほぐしとアイーンで「カメ首」姿勢を引き戻す/猫背・巻き肩・カメ首解消エクササイズ<4>

第12回/胸鎖乳突筋ほぐしとアイーンで「カメ首」姿勢を引き戻す/猫背・巻き肩・カメ首解消エクササイズ<4>

「巻き肩」解消に効果的!小胸筋ストレッチで肩の位置を整える/猫背・巻き肩・カメ首解消エクササイズ<3>

第11回/「巻き肩」解消に効果的!小胸筋ストレッチで肩の位置を整える/猫背・巻き肩・カメ首解消エクササイズ<3>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル