OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/185025/

「過矯正を見直す」「生活習慣+抗酸化」ほか/目の健康寿命を延ばす

細かい字が読めない、ピントが合いづらい、目が疲れやすい…。MyAge/OurAge世代になると、目に関する悩みがどんどん増えてきます。少しでも"快適に見える目"を維持するにはどうしたらいい? 将来、深刻な目の病気にならないよう、今からできることは? 3人の専門家に聞いてみました!

目の健康寿命 女性イラスト

 

まず注目したいのは、目の専門家3人からの、「見る力」に関する警鐘です。

 

目の健康寿命 梶田雅義先生

梶田雅義さん

Masayoshi Kajita

梶田眼科院長。医学博士。日本眼科学会専門医。遠近両用レンズを使った目の調節機能(ピント合わせ)の補助を軸とした治療を行う。老眼研究のエキスパート。
www.kajitaganka.jp

 

遠視の人は35歳から、

近視の人は44.5歳から、

老眼対策が必要です!

 

手元が見えにくいメガネをかけ続けていると、

認知能力の低下を招く可能性も

 

 

目の健康寿命 飯田覚士さん

飯田覚士さん
Satoshi Iida
日本視覚能力トレーニング協会代表理事。元プロボクサーで、第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン。「飯田覚士ボクシング塾ボックスファイ」を主宰。
www.boxfai.com

 

目の周囲の筋肉の衰えが、

あなたの視野を狭くしています

パソコンやスマホの文字の

変換ミスが増えたら、

「見る力」が衰えているサイン

 

 

目の健康寿命 小沢洋子先生

小沢洋子さん
Yoko Ozawa
慶應義塾大学医学部眼科学教室 専任講師。日本眼科学会専門医・指導医。眼科PDT(光線力学的療法)認定医。加齢黄斑変性など網膜硝子体疾患を中心に、眼科全般の治療を担当

 

喫煙歴がある人やメタボの人は、

目の病気になるリスクが高いので、要注意!

加齢黄斑変性
50歳以上の100人に1人
以上に見られます。
他人事ではありません

 

 

次回は「遠くが見える『過矯正』が目の老化を早める!?」をご紹介します。

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/大石久恵

MyAge2019夏号 購入アイコン

次の記事>

次の記事>
第2回/遠くが見える「過矯正」が目の老化を早める!?…

この連載の最新記事

抗酸化作用が高いルテインなど、“今の目年齢”を保つためにできることは?

第11回/抗酸化作用が高いルテインなど、“今の目年齢”を保つためにできることは?

目の健康寿命を延ばすには「酸化ストレス」と「慢性炎症」対策を!

第10回/目の健康寿命を延ばすには「酸化ストレス」と「慢性炎症」対策を!

家具に足をぶつけるのを防ぐ体のコントロール力を高める運動とは/ビジョントレーニング③

第9回/家具に足をぶつけるのを防ぐ体のコントロール力を高める運動とは/ビジョントレーニング③

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル