OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/185335/

「バランス」をとって、体の中心軸を強化/目と脳、体の動きを連動させるビジョントレーニング②

飯田覚士

飯田覚士

日本視覚能力トレーニング協会代表理事。元プロボクサーで、第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン。「飯田覚士ボクシング塾ボックスファイ」を主宰。
www.boxfai.com

目の動きをよくして、脳を活性化させるビジョントレーニング、2回目は体の中心軸を強化する運動をご紹介します。

体幹が強くなると目の動きも定まるようになります。空間把握力がアップする効果もあるそう。さっそく試してみて。

 

 

(ビジョントレーニング)その2

【バランス】をとって
体の中心軸を強化

体幹が弱くて体がふらつきやすいと、目の動きが定まりません。"一本橋"の上でトレーニングを行って平衡感覚を養いましょう。体の中心軸を意識しながら、目と手の動きを連動させるトレーニングも効果的です。

 

一本橋の上を立つ・歩く
&眼球運動する

約8㎝幅に折りたたんだ新聞紙などを一本橋に見立て、バランスをとりながら、立つ→歩く→眼球運動しながら立つ→眼球運動しながら歩く…と、少しずつ難易度を上げていきます。"見る力"と"体のバランス"を鍛えます。

 

体の中心軸を意識する

目の健康寿命 一本橋中心

背すじを伸ばして、顔は前を向き、腕の力を抜いて真っすぐに歩くことで、自分の体の中心軸をイメージしやすくなります

 

目の健康寿命 一本橋1

1

つま先と、かかとをつけて立つ

綱渡りをするイメージで、つま先とかかとをしっかりとつけて立ちます。自分の体の中心軸を意識して

2

バランスをとりながら歩きましょう

体がぐらついても足を離さないようにキープして。背すじを伸ばし、体のバランスをとりながら歩いてみましょう

 

目の健康寿命 一本橋2

3

一本橋の上に立ち、ペン先を両目で追う

1と2ができるようになったら、ペンを目の高さに持ち、左↔右、上↔下へと動かして、そのペン先を両目で追います

4

歩きながらペン先を両目で見続ける

次は、目の高さに持ったペンの先を両目で見ながら、一本橋の上を歩きます。足元を見ずにペン先だけを見続けましょう

体の中心軸を意識してお手玉キャッチ

体の中心軸を意識しながら立ち、軽めのボールを使って"投げてキャッチする"動きを繰り返してみましょう。体の平衡感覚が養われ、目と手の動きが協調することで、空間把握力もアップします!

 

まずはボール1個で

お手玉キャッチは〝目と手を協調させる〞トレーニング。「投げ上げる」と「キャッチする」を左右の手で、片方ずつ、それぞれ各10回行います。キャッチのタイミングを見ることで、動体視力がアップします

目の健康寿命 お手玉1

1

ボールを上に投げます

お腹の前でボールを持って立ちます。見上げないと見えない高さまで、高く投げてみましょう

目の健康寿命 お手玉2

2

お腹の前でキャッチ

ボールを両目で追い、お腹の前でキャッチ。10回連続してできたら、次は反対の手で同様に行います

 

ボールを2〜3個手に取って

次はボールの数を増やしてみましょう。2個同時に投げてキャッチするのは難易度が高いですが、お手玉のように、2~3個ボールを回す動きは、楽しみながらチャレンジできます

目の健康寿命 お手玉3

1

ボールを2個同時に投げてキャッチ

ボール2個を同時に投げて、動いているのを見ながらキャッチ。周辺視野を広げる効果があります

目の健康寿命 お手玉4

2

2個のボールでお手玉をします

2個のボールをお手玉のように、右手→左手へ、左手→右手へと、回していきます。ボールを3個に増やしてもOK

 

 

次回は「体全体のコントロール力を高める[運動]/ビジョントレーニング③」をご紹介します。

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/大石久恵

MyAge2019夏号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第7回/「眼球運動」で“見る力”を鍛える/目と脳、体の動きを連動させるビジョントレーニング①…

次の記事>

次の記事>
第9回/家具に足をぶつけるのを防ぐ体のコントロール力を高める運動とは/ビジョントレーニング③…

この連載の最新記事

抗酸化作用が高いルテインなど、“今の目年齢”を保つためにできることは?

第11回/抗酸化作用が高いルテインなど、“今の目年齢”を保つためにできることは?

目の健康寿命を延ばすには「酸化ストレス」と「慢性炎症」対策を!

第10回/目の健康寿命を延ばすには「酸化ストレス」と「慢性炎症」対策を!

家具に足をぶつけるのを防ぐ体のコントロール力を高める運動とは/ビジョントレーニング③

第9回/家具に足をぶつけるのを防ぐ体のコントロール力を高める運動とは/ビジョントレーニング③

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル