OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/189496/

血糖値スパイクって何? 40~50代の女性にも多い「隠れ高血糖」に要注意!!

くみくみ

くみくみ

「OurAge」の姉妹季刊誌「MyAge」で『隠れ高血糖』のテーマを担当。血糖値測定器を2週間×2回装着、血糖値コントロールを実践し検証して取材してみました!

血糖値を測定したことありますか?

2週間、血糖値測定器をつけたら、びっくりの連続! 70~140の間であってほしい数値が、朝、水飲んだ後にマンゴーを食べたらいきなり189に!! 「ビタミン補給!」と毎朝、果物を食べていたけれど、果物の種類、食べ方で、血糖値は急上昇するのです。

果物は意外と糖質が高いものが多いので、スイーツと思って食べた方がいい、という衝撃の事実。食べる前に、サラダか具だくさんのお味噌汁を体に入れてから食べるべし、だったのでした。

 

 

空腹時に少しでも健康的なものをと、アサイースムージーをグラス半分飲んだら、これもいきなり142に急上昇。市販の多くの野菜ジュース同様、実は糖質多めだったことがわかり、最近は、ドリンクを買う時は、必ず裏の栄養成分表示を見て、糖質チェックをしています。

 

 

ソースよりマヨネーズの方が糖質は少ない、というのも知らなかった!

ケチャップより醤油、これも覚えておくといいですね。

 

食後、短時間に血糖値が乱高下するのを「血糖値スパイク」といい、放っておくと動脈硬化が進んで、血管が傷みやすくなるのです。

人間ドックや健康診断では、血糖値は通常空腹時に測るので、この食後の血糖値の急上昇がわかりにくいことから、これを「隠れ高血糖」と呼ぶのだそう。

でも、意外なことに、お酒を飲むと、パスタやピザをがっつり食べても血糖値はあまり上がりません。

 

血糖値急上昇させないポイントはというと。

 

★ タンパク質+食物繊維+脂質(+お酒)は血糖値が上がらない 

血糖値を上昇させるのは糖質だけ。タンパク質、食物繊維、脂質はすべて、血糖値を抑える働きをしてくれます。

 

★中性脂肪を増やすのは、脂質ではなく糖質 

タンパク質はもちろん、脂質もある程度積極的に食べた方が、肥満予防になることが、わかってきました。だから良質なオイルは摂ったほうがいいのですね。

中性脂肪は、脂質ではなく、糖質がためているのです。

 

★カーボラストで  

ベジファーストでなくても、糖質を最後に摂れば、血糖値は上がりにくくなります。

 

★タンパク質は筋肉の元になる大切な栄養素

カロリーを考えて、タンパク質や脂質をセーブするのは、NG。タンパク質は筋肉の元になります。

筋肉を鍛えると、血糖値を下げるホルモンのインスリンの働きがよくなるのです。

 

糖質を抑えれば、おかずは、肉も魚も野菜も、お腹いっぱい食べてもOK

糖質を抑えめにする分、タンパク質と糖質はしっかり摂るべし、なのです。

血糖値をコントロールして、健康な血管を育てましょう!!

 

血糖値のこと、コントロールの仕方のコツなど、知りたい方は、MyAge 2019秋冬号(11月1日発売)に【女性にも多い「隠れ高血糖」って?】の特集でじっくり解説しています。

 

そのほか、MyAge 秋冬号の詳しい内容と試し読みはこちらでぜひチェックしてみてください!

 

バックナンバーのご案内はこちらから

 

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。OurAgeストアでもお買い求めいただけます。

最新号及びバックナンバーの在庫が書店にない場合は、こちらのネット書店でお求めください。

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル